2022年12月07日

2022/12/7早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇40:11-17です。

本日の本文とメッセージはこちら

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月06日

2022/12/6早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇40:1-10です。

本文とメッセージはこちら

神様が私たちの祈りを聞いてくださる目的はいろいろあるでしょう。
その中でも、私たちの信仰の成長のため、そして御自身の栄光を表すためということはそこに入っていると言えます。
詩人はここで、「引き上げてくださった」(2)主の救いに感謝しつつ、信仰が成長し、栄光を表すことを明らかにしています。

彼の信仰は「私はあなたのみこころを行うことを喜びとします。あなたのみおしえは私の心のうちにあります。」(8)ということばに表されています。
また彼は「あなたの真実とあなたの救いを言い表します。」(10)とあるように、証ししたのです。

主に祈り願いましょう。
それなしには恵みはありません。
また勝利はありません。
そして同時に自分自身の信仰の成長と、主の栄光が表されることを求めましょう。
その目的を持って、主に祈りましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月05日

2022/12/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇39:1-13です。

本文とメッセージはこちら

詩人は罪ゆえの苦しみを、神様から与えられていたと思われます。
それゆえ神様への不平不満を言わないようにと、「口に口輪をはめておこう。」(1)と思っていたのでしょう。
しかしそれができないほどの苦しみでした。

その中で人の命のはかなさや無力、無常感を目のあたりにするのです。
しかしそれこそが神様の希望の入り口でした。
後半にこの詩人は神様への信頼を切々と述べています。

このように神様への信仰は、順境のときよりもむしろ逆境のときに強くなるものです。
その心構えをしつつ、主に依り頼みましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月04日

2022/12/4主日礼拝

12月4日の放送です。

下記をクリックすると、iTunesに登録されます。
2022年12月4日NGC SundayCelebration (iTunes)

また、下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2022年12月4日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2022年12月4日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2022年12月4日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。




------------------------------------------------------------
前奏
賛美「久しく待ちにし」讃美歌94番
招詞
礼拝祈祷
賛美「静かに眠れる」聖歌124番
お知らせと報告など
賛美「喜びの声を上げて」
  「真昼のように」
証し
音楽「神の子」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 伝道者の書1章1〜11節・3章11節
メッセージ「神なき空(くう)」
祈り・応答
賛美「天国にあるもの」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:竹内清兄
説教:岡本伸之牧師
立証・音楽:佐藤睦美姉(伴奏:兼田美幸姉)
Praise & Worship
 WL:Miyuki
 Cho:Setsuko
 Key:Setsuko
 Dr:Tsubasa
posted by DJshuntaro at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | NGC Service配信放送

2022/12/4早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇38:1-22です。

本文とメッセージはこちら

しいたげられて不幸の連続のようであった民に、すばらしい希望があるとの預言です。
その根拠は救い主が誕生するからです。

イエス様の誕生は私たちのためです。
永遠の命が与えられるために、私たちの罪を負ってあの十字架で身代わりとなってくださいました。
そしてその事実は将来の天国のためだけではなく、現在のためでもあります。
「苦しみのあった所に、やみがなくなる」のです。

それには私たちが十字架によって救われた者として、その信仰を土台として生きることです。
またこのイエス様に頼りつつ、信頼して従うことです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月03日

2022/12/3早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇37:27-40です。

本文とメッセージはこちら

私たちはこの世にあって、不正や自己中心が幅を効かせているように見えることがあります。
それくらいしないと自分も対抗できないとか、損を見るなどと感じてしまうこともあるかもしれません。
しかしそれは錯覚です。

主がいるので、彼らの成功は続かないのです。
発覚したり争ったり自滅したり、結局主の正しさが証明されるようなことになるのです。

ここにある悪と善を見分けられる者でありましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月02日

2022/12/2早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇37:12-26です。

本文とメッセージはこちら

悪者や自分勝手な者、または不正ぎりぎりや自己中心で成功しているように見える者が、この世には多いですが、主は彼らを「笑われる。」(13)とあります。

私たちは、主に腕をささえていただける正しい者でありましょう。
37節以降にあるような正しさを心と行動に繁栄させましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年12月01日

2022/12/1早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇37:1-11です。

本文とメッセージはこちら

「悪を行う者に」(1)私たちは、これに対抗して自分を守ろうとしますし、できれば彼らに打ち勝って正義を勝ち取ろうとします。
悪いことではないかもしれませんが、それよりも有効な手立てがあると聖書は言います。

「腹を立てるな。…ねたみを起こすな。… 主に信頼し 善を行え。地に住み 誠実を養え。」(1-2)ということです。
正義はときとして必要以上に相手を攻撃してしまうことがあり、それは新しい悪となり得るものです。
またときには、自分だってあれくらいのことは許されているのだと思い、悪をしたくなる気持ちが湧いてくる場合もあります。
妙な「ねたみ」(1)です。

ですから主に信頼することに間違いはありません。
その結果私たちの義が「光のように」(6)輝くと聖書は言っています。
主に委ねましょう。
主を信頼しましょう。
主こそが善であり義なるお方です。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年11月30日

2022/11/30早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇36:1-12です。

本文とメッセージはこちら

「悪しき者」(1)はなぜ悪事を続けられるのかといえば、それは「自分を偽」(2)っているからです。
咎を見つけてはそれを憎むことで、自分を正当化していますがそれで満足して、それ以上は変わりません。
悔い改めることだけではなく、その実を結ぶことが必要なのです。

悪者の言動との対比では、主への賛美が述べられています。
主のすばらしさを知るものが善を知ってそれを行い、悪者への対抗力となり得るのです。

さらには「いのちの泉」(9)は主にあるということを知っていますから、主のもとに行って豊かな人生を過ごすことができます。
主の素晴らしさを賛美し、主のくださるいのちを喜び楽しみましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2022年11月29日

2022/11/29早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇35:19-28です。

本文とメッセージはこちら

「あはは この目で見たぞ」(21)、「あはは われわれの望みどおりだ」(25)、「われわれは彼を呑み込んだ」(25)とは、非常にリアリティーのある表現です。
きっと詩人の心と耳に焼きついて消えない、心の傷になっていることばなのでしょう。

私たちもそのような、人のことばや行いが心に残り傷となっているものがあるでしょう。
それを抱えたままでは、主の祝福の健全な道を歩むのが難しいのです。
ですからこの詩人のように、そこに主のみわざをいただきましょう。
自分の心のとげとなっているものを、主の前に認めて告白し、主の愛と全能の力で癒していただきましょう。
「主は大いなるかな。ご自分のしもべの平和を喜ばれる方は」(27)と彼らにいつも言わせるほどの、人間関係の勝利をいただきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ