2021年11月28日

2021/11/28早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ハバクク書2:1-11です。

本文とメッセージはこちら

ハバククが神様に求めたことは2節以降です。
それは敵からの救いであり、はっきり書き記す価値のあるもので、「急使として走る」(2)ほどにすばらしいもので、また「遅くなっても、そ
れを待」(3)って良いほどに確かなものです。
神様からの助けと救いをいただくなら、それほどの信頼を持って待ち続けましょう。

神様は敵と神の民との違いを明らかにされます。
敵は「うぬぼれていて直ぐでない」(4)、すなわち神と真実に向き合えない者であり、また高ぶる者、すなわち神なしで生きて神に背く者です。
それに対して神の民の「正し」さは、別次元のものです。
すなわち敵よりもどれほど正しいかという、比較の問題ではなく、信仰の問題であるというのです。

これはイエス様の十字架を信じる信仰を指し示すものです。
私たちクリスチャンが神様によって敵から守られるのは、この根拠すなわち「信仰によって生きる」ということにあるのです。

5節以下は敵の不義について書かれています。
8節まではむさぼり、11節までは不正な利得です。
私たちは自分自身も同じ罪があることを謙遜に認めつつも、主の十字架によって赦されていることを信仰によって感謝しつつ、しかしまた敵への告発を警告として、きよい者となって行きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月27日

2021/11/27早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ハバクク書1:1-17です。

本文とメッセージはこちら

神殿に仕えていたレビ人、ハバククに神様はみことばを託しました。
ここでまずハバククはイスラエルが神様に従わず、暴虐を行う様を訴えます。
神様は意外な方法でイスラエルをさばくと言われます。
イスラエルよりももっと悪い異教のカルデア人がイスラエルを攻撃するというのです。

それは理不尽なことのように感じますが、むしろ彼らから守られることの方が不思議なことで、それは神様の守りがあればこそなのです。
現代の世の中にも攻撃してくる人や組織があるものです。
私たちは主の守りがなければ生きていけないことを常に肝に銘じて、主に従うべきです。

ハバククはカルデア人がイスラエルを攻撃するということを聞いて、「なぜ、裏切り者を眺めて、黙っておられるのですか。悪しき者が自分より正しい者を吞み込もうとしているときに。」(13)と神様に訴えます。
それは当然のようです。
しかし人の悪は神様から見れば同じで、どちらがより正しいということはありません。
イスラエルもまた悪者であるのです。
それは私たちも一緒で、「あの人の方が悪いのに」ということはできないのです。

またそれはカルデア人の悪がさらに明確になるためでもあります。
主は悪をさばくお方です。
そのさばきが正しいことを明らかにするためでもあるのです。

しかし主にはまだ深い御心があるかもしれません。
ハバククは早まった考えで神に不満を言うよりも、「主が私に何を語られるか、私がそれにどう応じるべきかを見よう。」(2:1)と主に目を凝らします。
それこそが解決の道です。
理解できないような出来事が起きるときには、主に注意を向けましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月26日

2021/11/26早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記31:23-40です。

本文とメッセージはこちら

ヨブが今話せることは、もう尽きてしまいました。
彼が地上の誰よりも立派な人であったことがわかります。
それにしても神はなぜヨブのような正しい人に、苦しみを与えられたのでしょうか。

もしも罪の多い人であったなら、おそらく「因果応報」「自業自得」ということで済まされてしまって、そこからは神の絶対的主権という観念が生まれてこなかったからでしょう。

ときには私たちも、「正しいから」「成長しているから」「用いられているから」こそ、試練が与えられることもあるのではないでしょうか。
更なるステップへ、高みへ、または深みへ進ませるためです。

ヨブのように正しい生き方を心がけつつ、主からの意味ある試練に、希望を持って向かっていきましょう。
ヤコブの手紙1:12「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いた人は、神を愛する者たちに約束された、いのちの冠を受けるからです。」

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月25日

2021/11/25早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記31:1-22です。

本文とメッセージはこちら

ヨブは自分には全く罪がないと主張します。
確かに人と比べるなら、誰よりも潔白でしょう。
しかし神の前には完全な者は1人もいません。
正しいことを行うのは大切なことです。
しかし、それで自分は非がないと思い込むと、成長やきよめのチャンスを失ってしまいます。
またヨブの友人たちのように人を傷つけることもあります。

私たちは、ここでヨブが自己義認を主張する一つ一つを吟味しましょう。
その上で、自分は完全ではないからもっと成長したいとの思いが大切です。
ピリピ書のパウロのように。
「兄弟たち。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ一つのこと、すなわち、うしろのものを忘れ、前のものに向かって身を伸ばし、キリスト・イエスにあって神が上に召してくださるという、その賞をいただくために、目標を目指して走っているのです。」(ピリピ3:13-14)

ヨブは下の立場の人、弱い人、乏しい人への態度に心を配っていたようです。
また神以外のものをより頼むように見えるどんなことも避けていたようです。
これらの点でヨブのような良い生き方をしましょう。
その上で、また成長して行きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月24日

2021/11/24早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記30:16-31です。

本文とメッセージはこちら

骨がえぐりとられる苦しみが巻きつき、全能の神に攻めたてられるヨブは、惨めさも通り越して、自分をさげすむ人々にさえ助けを求めます。
皮膚がはげ落ち、骨が焼けるからです。
よくも死を選ばなかったと思うくらいです。 

ヤコブの手紙5:11には「見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いだと私たちは思います。あなたがたはヨブの忍耐のことを聞き、主によるその結末を知っています。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられます。」とあります。

ヨブの忍耐が多くの迫害に苦しむクリスチャンたちを励ましたのです。
すべては主の御手の中にあるのですから、希望のない苦しみはありません。
また意味のない苦しみはありません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月23日

2021/11/23早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記30:1-15です。

本文とメッセージはこちら

不遇な境遇がすさんだ心を生む場合があります。
被害者が次には加害者になることもあります。
ヨブは救済してあげた人々から、今はさげすまれ苦しめられるようになってしまいました。
彼らよりも弱い立場になってしまったのです。

しかし、そのような惨めさの中でこそ学べる最高の真理があります。
「キリスト・イエスのうちにあるこの思いを、あなたがたの間でも抱きなさい。」(ピリピ2:5)
「人としての姿をもって現れ、自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。」(ピリピ2:7b-9)と聖書にあります。
このような生き方を学べるチャンスなのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月22日

2021/11/22早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記29:15-25です。

本文とメッセージはこちら

ヨブが足なえや貧者のために善を行い、悪と戦い、良い指導者であったことがわかります。
彼はそれによって不死鳥のように長生きすることを期待していましたし、王のように威厳があったこともわかります。

”私は正しいので、信仰深いので、神様から祝福されるにふさわしい”と考える人も多いかもしれません。
または”こんなに神に従ったのだから、祈ったのだから、神は私の願いを聞くべきだ”とも思うかもしれません。
その場合、聞かれないことがあると神を恨むことになるのです。

ヨブ記のテーマはこの問題にも関係します。
確かに「…(神)が、あなたに報いてくださいます。」(マタイ6:4 )とイエス様も言われます。
しかし報いはすぐにあるとは限りません。
「忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと、私たちは知っているからです。」(ローマ5:4)というように、主は私たちの信仰を練り上げ、本当の希望を与えてくださるのです。
ヨブのように私たちも練り上げられ、神の品性によって、希望をいただきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月21日

2021/11/21主日礼拝

11月21日の放送です。

下記をクリックすると、iTunesに登録されます。
2021年11月21日NGC SundayCelebration (iTunes)

また、下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年11月21日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年11月21日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年11月21日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「あなたの前に行きます」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「あなたは義の方」
お知らせと報告など
賛美「ジーザス イズ アライブ」
   「シャウト喜び叫べ」
   「陶器師、主よ」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 マタイによる福音書26章26〜28節
メッセージ「教会の聖礼典とリアリティー」
祈り・応答
賛美「主の手にわが手を重ね」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:牛嶋吉隆兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:Yama
 Cho:Setsuko
 Key:Setsuko
 Dr:Nobu
 PA:Ai
posted by DJshuntaro at 14:37 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2021/11/21早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記29:1-14です。

本文とメッセージはこちら

ヨブは過去の試練に遭う前の自分をなつかしみます。
友人は助けにならないこと。今は沈黙しておられても、やはり神の知恵により頼む以外ないことを感じてはいましたが、もう過ぎてしまった日々をどうどう巡りしています。

それは時には私たちの姿ではないでしょうか。
子どもの頃や壮年の頃、賞賛や善行など…失ったものばかりに思いが行って、未来に向けなくなってしまいます。

パウロがピリピ人への手紙3:13で「兄弟たち。私は、自分がすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ一つのこと、すなわち、うしろのものを忘れ、前のものに向かって身を伸ばし、」と言っています。
神は間違って過去を消去したのではありません。
未来に祝福を備えておられるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年11月20日

2021/11/20早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記28:12-28です。

本文とメッセージはこちら

ヨブは友人たちの主張する「知恵」が頼りにならないことを悟り、本当の知恵はこの世にはないことを痛感しました。
今は神の答えがなくとも、やはり神の超越的な知恵を求めるしかないのです。
そしてそれは簡単に手に入るような安易なものではないと気づきます。

私たちは神様の知恵をいただいています。
それは聖書からです。
「聖書はあなたに知恵を与えて、キリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができます。聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。」(2テモテ3:15-16)とあるように、ことあるごとに聖書に聞いて、従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ