2021年04月16日

2021/4/16早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記5:15-6:1です。

本文とメッセージはこちら

人夫がしらも必死です。
苦役で奴隷の生活であったのが、さらに苦しくなったからです。
そこでモーセとアロンに「私たちを殺すために彼らの手に剣を渡した」というのも道理にかなっています。

このような時にこそモーセは辛かったことでしょう。
民のためにと立ち上がったのに、結果は逆になったのです。
悩みに悩んだでしょう。
そこで彼のとった行動に注目すべきです。
主のもとに行ったのです。
彼の祈りの場でしょうか。

私たちも葛藤があるとき、悩みのときは、すぐに人に相談したりネットで検索したりせずに、主のもとに行くことが重要です。
彼は主の確かな答えをいただきました。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月15日

2021/4/15早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記5:1-14です。

本文とメッセージはこちら

モーセが言ったからといって、パロ王は従いませんでした。
この世の権力はさらに強大になりたいと、その欲望はとどまるところを知りません。
モーセには何の武力も財力もないので、この世の権力にとっては従うようなものではないのです。
私たちも同じような体験をするでしょう。
そのときこそ、信仰が表れます。

パロはさらに「労苦を重く」しました。
モーセの行動は、イスラエルにとって裏目に出てしまったのです。
そのようなことはよくあるので、私たちは主に従っているのなら、ひるむことはありません。
モーセのように、主の力で冷静に大きな目で見て立ち向かいましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月14日

2021/4/14早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記4:24-31です。

本文とメッセージはこちら

「彼を殺そうとされた」というのは、モーセが重病にかかったのだと思われます。
なかなか癒されずに、神様は彼をそのまま見捨てるのかと思われたのでしょう。
そこで、彼の妻であるチッポラは、息子に割礼(神の民のしるしとして男子が受けるもの)をしていないことに気づきました。
つまり神のものだという明確なしるしがなかったのです。
私たちも人生を歩むにあたって、また歩みは神様の使命と一体ですから、その使命を果たすにあたって、自分が神のものであるということは明確にしなくてはなりません。

「民は信じた。」とあります。
以前は口が重く、人を説得することなど無理と思っていたモーセですが、神様の権威と彼の確信、そして神様のみわざがあるとき、神の共同体は一体にできるのです。
自分のことばの巧みさや実力よりも、主のみわざを求めましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月13日

2021/4/13早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記4:18-23です。

本文とメッセージはこちら

モーセが主のために決心した後は、神様は現実を開いてくださいました。
しゅうとイテロの理解、自分のいのちを狙っていた者がいなくなり、彼が主のために働く状況がそろったのです。
このように主は、その使命を果たす者のためには現実を動かしてくださるので、私たちは期待して主のために進むことができます。

ここで大切なことは、自分の都合のために現実が動いたというのではないということです。
あくまでも主の働き、すなわち「パロに言わなければならない。」という使命があり、主の目的のためです。
そのために働き人は祝福されるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月12日

2021/4/12早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記4:10-17です。

本文とメッセージはこちら

モーセはその使命を全うするにあたり、神様からの取り扱いが必要でした。
彼はその無力さゆえに行くことを拒みました。
しかし、自分の無力さを認めることは大切なことで、私たちの働きはここから始まります。
すなわち神様の力が、そこに現れるからです。

また自分ではこの重荷を負うことを恐れ、別の人を遣わすように懇願しました。
そこで主は「アロンがいるではないか。」と、モーセに言っておられます。
一人ではできないことは当然ですから、私たちも、謙遜に助けや協力を求めましょう。

そのようにして、主の導きに従うことができますし、また主のための成功者となることができるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月11日

2021/4/11主日礼拝

4月11日の放送です。

下記をクリックすると、iTunesに登録されます。
2021年4月11日NGC SundayCelebration (iTunes)

また、下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年4月11日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年4月11日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年4月11日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「求めて」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「力の主をほめたたえまつれ」新聖歌9番
お知らせと報告など
賛美「栄光の王」
  「変えられたソング」
  「きぼう」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 出エジプト記4章10〜17節
メッセージ「神の力をあらわす人」
祈り・応答
賛美「主よ捧げます」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:竹内清兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:Miyuki
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Dr:Nobu
 PA:Ai
posted by DJshuntaro at 13:26 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2021/4/11早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記4:1-9です。

本文とメッセージはこちら

モーセは自分のことばに自信がなく、民が彼を信じないだろうと思いました。
誰もが同じように自分に自信が持てないものです。
神の使命を帯びたモーセもまた同じ弱い人だったのです。

神様はモーセを通して奇跡を行うと約束なさり、またそのことを実際に体験させて確信を与えました。
私たちも自信がないときには、やせがまんせずに神様に告白しましょう。
そして神様のみわざが与えられることの約束を得ましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月10日

2021/4/10早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記3:13-22です。

本文とメッセージはこちら

人間が自己紹介するときは、親に付けられた名前、所属の学校や仕事先、出身地や住まいなどを言います。
それらによってその人の存在が明らかになるからです。
しかし神様はそれらのことに左右されたり、位置づけられたりしないお方です。
神以外のもので神を定義することは不可能なのです。
なぜなら永遠無限でないもので永遠無限のものを表現できないからです。

ですから神様は『わたしはある』という表現をご自身に使われたのです。
一方神様はご自身で有限なる人間に関わってくださる方でもあります。
そこにただ人間の神認識が生まれるのです。
ですから「アブラハム、イサク、ヤコブの神」と言われました。

このような偉大な神様が私たち自身と交わってくださるということは奇跡の中の奇跡です。
その主がエジプトから民を救い出すというように、同じく私たちにも救いと守りの手を伸べてくださいます。
信頼しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月09日

2021/4/9早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記3:1-12です。

本文とメッセージはこちら

モーセがいかにして主に用いられたのかが、ここに明らかにされています。
それは出エジプトも、またカナンの占領も、主なる神様が主導なさったということが明らかにされるためです。
モーセはただ主に従ったに過ぎないのです。

ここで「くつを脱ぐ」というのは、奴隷の身なりを表します。
モーセは主の奴隷のように、ただ忠実に従ったのです。
この後のモーセの忠実さの原点はここにあるのです。
私たちもくつを脱ぎましょう。
主の前に自分は何か立派であるかのような振る舞いはやめましょう。

そのようなモーセでしたから、主は大いなる使命をお与えになりました。
私たちも主に用いられたいと思うなら、または立派は使命を果たしたいと願うなら、喜んで主の奴隷になることです。
それほどに主を信頼することです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年04月08日

2021/4/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記2:11-25です。

本文とメッセージはこちら

モーセはパロの家に加えられ、王子としての教育を受けましたが、それでもへブル人であるというアイデンティティーは持ち続けました。
そして同胞愛は内に燃えていたのです。
その思いがあってこそモーセはあの出エジプトのリーダーとなれたのでした。
心の内の思いがまずは何よりも大切なのです。

しかしその方法は、自分の力に頼るものでした。
この出来事はモーセが40歳くらいのときでしたが、力もありまた気力もみなぎっていたでしょう。
この失敗は彼が人間的な力では何も成し遂げられないのだと学ぶためでした。
私たちも同じようにそのことを学びましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ