2020年04月05日

2020/4/5主日礼拝

4月5日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeでお聴きいただけます。
2020年4月5日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2020年4月5日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2020年4月5日NGC SundayCelebration (RAM)



賛美「雲が雨で満ちると」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「変えられたソング」
お知らせと報告など
賛美「マジェスティ」新聖歌170番
音楽「わたしを守る方」
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 マルコによる福音書14章32〜42節
メッセージ「悲しみの時、回復の時」
祈り・応答
賛美「イエスにゆだねて」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:牛嶋吉隆兄
説教:岡本伸之牧師
音楽:兼田美幸姉
Praise & Worship
 WL:Yama
 Cho:Setsuko
 Key:Setsuko
 B:Miyuki
 Dr:Nobu
 PA:DJshuntaro
posted by DJshuntaro at 13:01 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2020/4/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記4:41-49からです。

本文とメッセージはこちら

41〜49節には挿入のように、”のがれの町”について書かれています。
信仰生活の基本が愛であり、社会の基本が平和であることを考えると、このような場所があることによって、赦しへの道筋が与えられて不要な復讐がなくなると考えられます。
それは人間関係と社会を最悪の出来事から守り、下支えすることになるのでしょう。
44節からは主題に戻り、モーセが最後の説教をする内容です。
この始めの部分は、かつてモーセがした説教を思い起こさせるもので、その時と場所がまず明らかにされます。
「イスラエルがエジプトを出たとき」というのは物理的な時間ではなく、必要のタイミングであると思われます。
エジプトを出ることによって、この説教が必要になったのです。
またそれは広い地域を勝ち取った中にあるとともに、敵となる王たちがいるような戦いの中にもある場所でした。
まさにこのような時と場所は現代の私たちにも当てはまります。
主によって救い出され、導かれ、祝福とともにまた戦いもある日々です。
そのような中でモーセの説教が必要であったように、私たちにも主からの説教が必要であることを覚えつつ、求めてゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020/4/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記4:41-49からです。

本文とメッセージはこちら

41〜49節には挿入のように、”のがれの町”について書かれています。
信仰生活の基本が愛であり、社会の基本が平和であることを考えると、このような場所があることによって、赦しへの道筋が与えられて不要な復讐がなくなると考えられます。
それは人間関係と社会を最悪の出来事から守り、下支えすることになるのでしょう。
44節からは主題に戻り、モーセが最後の説教をする内容です。
この始めの部分は、かつてモーセがした説教を思い起こさせるもので、その時と場所がまず明らかにされます。
「イスラエルがエジプトを出たとき」というのは物理的な時間ではなく、必要のタイミングであると思われます。
エジプトを出ることによって、この説教が必要になったのです。
たそれは広い地域を勝ち取った中にあるとともに、敵となる王たちがいるような戦いの中にもある場所でした。
まさにこのような時と場所は現代の私たちにも当てはまります。
主によって救い出され、導かれ、祝福とともにまた戦いもある日々です。
そのような中でモーセの説教が必要であったように、私たちにも主からの説教が必要であることを覚えつつ、求めてゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ