2020年04月08日

2020/4/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マルコによる福音書14:32-42からです。

本文とメッセージはこちら

イエス様の十字架の苦しみはここから始まりました。
三位にして一体である父なる神から捨てられることは、「悲しみのあまり死ぬほど」の苦痛なのです。
しかも3年間ともに歩んできた弟子たちは、イエス様への思いよりも眠気の方が優先で、その後の裏切りと逃げ去りを思わせるような悲しい態度でした。

その中で主イエスは、人間となられたゆえの弱さを抱えながら、すなわち肉体の苦しみと恐怖心と戦いながら、十字架へ向かう祈りをささげたのです。
「この杯をわたしから取りのけてください。」と祈ったのは、自分の願いを押し通そうとするものではなく、「みこころのままを、なさってください。」というように、主のみこころへと進む決心を固めるためのものでした。

祈りとはこのように、主のみこころを知って従う決心を与えられるためでもあります。
十字架の愛を受け継ぐ私たちも、それぞれの十字架を負うために、そしてその後の勝利と賞賛をいただくためにも、主イエスの祈りを模範としましょう。
主は「耐えられないような試練を与えるようなことは」されないからです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ