2020年06月30日

2020/6/30早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇135:13-21です。

本文とメッセージはこちら

主を讃えるその動機は、異邦の偶像とは全く違うからです。
ある人々は混同しますが、天地宇宙を造られた神と、ただのモノにしか過ぎない偶像とは、正反対と言ってよいほどの違いです。

見ることも聞くこともできない偶像を、なぜ人は造ったり信頼したりするのでしょうか。
それは「これと同じ」すなわち、その人も本当の意味で見たり聞いたりできないのです。

私たちは主に感謝すべきです。
かつては本当の神を知ることのできなかった者が、今は神を知り、神と親しく交わることさえできるのです。

エルサレムとは人々の中心地です。
そこにいてくださるとは何と心強いことでしょう。
私たちも、自分自身の生活の中心に、生ける全能の神がいてくださるのだということを忘れないで生きましょう。
そしてその事実を歌にするくらい、喜び楽しみましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月29日

2020/6/29早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇135:1-12です。

本文とメッセージはこちら

神をほめたたえようと、主の民に勧めている歌です。
これを聞くときに、私たちの心は踊り、本当に心から賛美したくなるでしょう。
特に自分自身が主によって救われたという、その経験があればなおさらです。
イスラエルは主を賛美するとき、常にこのようにエジプトから救い出してくださった大いなるみわざを讃えました。

私たちも主の救いのみわざをもっと讃えましょう。
全ての美しいものを造られた主であり、全てにまさって感動を与えてくださる主です。
その主のすばらしさが自分自身の存在に関わるみわざで、そのすばらしさを表しておられるのです。
賛美せずにはいられません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月28日

2020/6/28主日礼拝

6月28日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2020年6月28日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2020年6月28日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2020年6月28日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。


賛美「鹿のように」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「あなたは私の王」
お知らせと報告など
祝福の時・あいさつ
賛美「変えられたソング」
音楽「主ともに」
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 使徒行伝1章8節
メッセージ「現代に働く聖霊」
祈り・応答
賛美「その日全世界が」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:山本真一兄
説教:岡本伸之牧師
音楽:ミニスターズ
Praise & Worship
 WL:Miyuki
 Cho:Setsuko & moto(3-)
 Key:Setsuko
 Dr:Nobu
 PA:DJshuntaro
posted by DJshuntaro at 13:00 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2020/6/28早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇133-134篇です。

本文とメッセージはこちら

(133篇)
兄弟とは肉親もそうですが、クリスチャンでる兄弟姉妹、また民族を超えた間柄のことであるとも言えるでしょう。
それは聖霊の油注ぎによって与えられる愛で可能です。
またそれは豊かな実を与えるヘルモン山の露のようでもあります。

教会で兄弟姉妹の交わりに感謝しましょう。
また交わりをさらに楽しいものにしましょう。

(134篇)
主の祝福をいただくために、ここで勧められているのは単純なことです。
「手を上げ、主をほめたたえよ。」という、賛美の姿勢です。
学びも大切、奉仕も大切、献金も交わりも祈りも大切であることは言うまでもありません。
そしてそれらの動機がごこから来るかと言えば、主がすばらしい方であるという偉大な事実から来るのです。
ならば、そのすばらしさを表すことは、私たちの行動の第一歩です。

主をたたえることから始めましょう。
それを単純に表しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月27日

2020/6/27早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇132篇です。

本文とメッセージはこちら

ダビデが自分のことを第三者的に表しているようです。
ダビデは主への熱心さを表し、その決心を固くしています。
「ヤコブの全能者のために、御住まいを見いだすまでは」自分だけ安らぐことなどしないという決心です。

その時主は「これはとこしえに、わたしの安息の場所、ここにわたしは住もう。」と言ってくださいます。
私たちの生活、スケジュール、人間関係、財産の使い方において、主の場所を作り出しましょう。
必要なときにその決心をしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月26日

2020/6/26早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇130-131篇です。

本文とメッセージはこちら

(130篇)
詩人は「深い淵から」主を呼び求めると言っています。
余裕があれば信仰生活がしっかりできるだろうと言う人もいますが、実際は逆です。
余裕がないから神様を呼び求めるのです。
そして呼び求める日常が信仰生活なのです。

主を待つことで、信仰を強められましょう。

(131篇)
「私の心は誇らず、私の目は高ぶりません。」とあります。
信仰が熱心であると、自分は分かってきたという気持ちになりやすいものです。
そこで詩人はもう一度振り返って、自分のそのような高ぶりに気づいたのでしょう。

私たちの成長とはその繰り返しかも知れません。
何も分からないままでは、成長はありません。
しかし分かったと思うと、主の御心はさらに高いところにあるものです。

乳離れしたように少しは成長しながらも、しかし自分はあくまでも幼子であると自覚しながら、理解の面においても、母のような主の慈しみに頼りましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月25日

2020/6/25早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇129篇です。

本文とメッセージはこちら

イスラエルの苦難について、「イスラエルは言え。」と、その事実を明確に意識するようにと命じられています。
それは「彼らは私に勝てなかった。」と勝利の宣言を際立たせるためです。

私たちも、過去の悲しい出来事がなかなか忘れられないということがありますが、それは時に勝利を際立たせるためであるのです。
どんな過去があっても主にあって乗り越えられないことはないという事実を知りましょう。

神に選ばれた者、すなわち旧約においてはシオン(イスラエル)、新約においてはクリスチャンにも敵はいますが、それを憎む者はみな、「恥を受けて退け」られるのだという、神様の恵みを信じましょう。

ですから、主に頼り、主に従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月24日

2020/6/24早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇128篇です。

本文とメッセージはこちら

妻と子どもたちの祝福が歌われています。
その条件は「主を恐れ、主の道を歩む者」ということです。
主に従う者には、主からの権威が与えられます。
その正しい威厳によって家庭を治めることができれば、ここにあるような幸いは「食卓」が続くのです。

父親は主を恐れましょう。
妻やこどもたちは夫の言動で主の御心にかなうものは従いましょう。
また若い人々は、そのような父や妻になるように、今から主に従う祝福を経験していきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月23日

2020/6/23早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇127篇です。

本文とメッセージはこちら

ソロモンは王宮に住み、大神殿を建て、多くの事業に成功し、巨万の富を築きました。
その彼が、「主が建てるのでなければ…」「主が守るのでなければ…」むなしいと明言しているのです。
それは確かなことでしょう。
ましてや私たちのような小さな普通の人生ならば、主も御手でやっていただかないと、むなしい結果に終わってしまうのは目に見えています。

家庭も同じで、子どもたちの成長も主の御手によります。
子どもには無限の可能性があるので、どこまでも飛んで行って勝利をもたらす「矢」のようです。

家庭を、家族を、そして家も、またそれらを育てる人生も、主に求めて祝福していただきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月22日

2020/6/22早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記34:1-12です。

本文とメッセージはこちら

申命記はモーセによって書かれましたが、さすがに自分が死んだ様子を記すことはできません。
これらは後の者が(おそらくはヨシュアなどが)、申命記を完成されるために付け加えたとものです。
ここもまた聖霊によって書かれたもので、申命記が神の目的を持って書かれたものであるということが分かります。

モーセは主から約束の地を見せられましたが、「わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたはそこへ渡って行くことはできない。」と言われました。
彼は120歳になってはいましたが、「目はかすまず、気力も衰えていなかった」ので、なぜ自分がこの世を去らなくてはならないのかと思ってもおかしくありません。

それでも、彼は神を恨むことも、民の不従順のせいにすることも、自分の行いを後悔することもありませんでした。
人間は完全でありませんが、主のなさることは最善だからです。

実は約束の地とは言っても、それは天の永遠の住まいの影にしか過ぎないのです。
その証拠に今でもこのカナンの地ではイスラエルとパレスチナとの領土問題が続いています。
モーセは完全な解決であり、安息であり、喜びであるところの神のもとに行くのですから、それは最善です。

またその時も最善だったと思われます。
この後ヨシュアが指導者となってカナンの地を勝ち取り、そこで国としての基礎を築いたことを考えると、リーダーが変わることで成功したといえるでしょう。
何より重要なことは、ヨシュアがモーセに従順であったということです。
モーセ自身が自分に従順であっても意味がありません。
後継者がモーセに、すなわちモーセを通して与えられた主の御心に従順であったということが大切です。
その従順さこそがイスラエルに必要であったのです。

主の最善の判断と時に信頼しましょう。
自分の願いよりも主の御心を悟り、本当の希望を見出しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月21日

2020/6/21主日礼拝

6月21日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2020年6月21日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2020年6月21日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2020年6月21日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



------------------------------------------------------------
前奏
賛美「あがない主」
招詞
礼拝祈祷
お知らせと報告など
祝福の時・あいさつ
賛美「主の御名」
   「Above All」
音楽「一羽のすずめ」
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 ローマ人への手紙8章14〜17節
メッセージ「聖霊による身分保証」
祈り・応答
賛美「聖霊来れり」新聖歌416番(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:中川宏道兄
説教:岡本伸之牧師
音楽:ミニスターズ
Praise & Worship
 WL:岡本牧師
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Pf:Miyuki
 Dr:Yuta
 PA:Yama
posted by DJshuntaro at 14:00 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2020/6/21早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記33:18-29です。

本文とメッセージはこちら

18節、19節は礼拝と祈りの大切さが語られ、20節からは神の審判の重要性とそのために労する者のすばらしさが表されています。
22節、23節には勝利の生涯の祝福が、24節からは聖霊の油注ぎによって生きる者の勝利が述べられています。

このように神様の御心にそった祈りをしてあげるのも、してもらうのもすばらしいことです。
互いに祝福を祈り合いましょう。
またその希望によって主の道を正しく歩みましょう。

「しあわせなイスラエルよ。」とあります。
互いの幸せを宣言しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月20日

2020/6/20早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記33:1-17です。

本文とメッセージはこちら

イスラエルの各部族の名を挙げて、彼らのした事や、とりなしの祈りなどが述べられています。
これらの内容は誰にもあてはまる事です。
その内容が各部族の史実によって表されたと言ってよいでしょう。

6節には命のために祈ることで、その大切さが明らかにされています。
7節には献身する者が敵から救われるように、守りが表されています。
8節からは礼拝の厳かさ、12節は住まいの祝福、13節からは地の産物の祝福が祈り求められており、モーセのとりなしが表されています。

主に導かれた祈りはこのように人を霊の恵と生活の祝福で満たします。
それはまたイエス様のとりなしの祈りでもあります。
主に祝福されて、人を祝福する者でありましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月19日

2020/6/19早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記32:37-52です。

本文とメッセージはこちら

34節から43節は主がイスラエルの敵に復讐してくださるということが述べられています。
どんなに主の恩を忘れても、それで主に背くことがあっても、主に立ち返るなら愛で回復してくださるのが神様です。
主に背いていた時は、敵にやられっぱなしであったでしょうが、主に立ち返るなら状況は一変します。
主は敵に「血のかたきを討」ってくださるのです。

また主は「イスラエル人に与えて所有させようとしているカナンの地」を見せて、大いなる希望を与えてくださいました。
主の希望を見せていただきましょう。
その希望のゆえに主に従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月18日

2020/6/18早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記32:15-36です。

本文とメッセージはこちら

エシュルンとはイスラエルの呼称で、可愛い子どもを呼ぶようなニュアンスです。
主はイスラエルをわが子のように成長に導いたのですが、実際は「肥え太」って親である神を「軽んじ」てしまったのです。
私たちも神様から育てられた結果が、おごり高ぶりとなり、神様を軽んじないようにしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月17日

2020/6/17早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記31:30-32:14です。

本文とメッセージはこちら

モーセの歌が32章から始まります。
はじめに神様の正義と真実が語られますが、一方イスラエルの「よこしまで曲がった」民であることが告発されています。
モーセの告発は、それによって溜飲を下げるといったものではなく、イスラエルに「昔の日々を思い出し」て、主のみわざを再認識するためのものです。

そこには主の慈しみと力が述べられています。
私たちも人生を振り返り、もう一度主のこれまでの慈しみを思い出し、それを可能とした主の力に信頼しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月16日

2020/6/16早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記31:19-29です。

本文とメッセージはこちら

モーセは歌を書きしるしました。
歌というのは言葉を覚えるのに、とても効果的です。
また共に歌うことができるので、その内容において一致の心が生まれます。
詩篇などはその良い例です。
私たちも、主への信仰の歌を大切にし、またその力を用いましょう。

そしてモーセは主のことばを引用して、自分の後継者であるヨシュアを励ましました。
人を励ますときにみことばほど力のあるものはありません。
自分のことばや経験で人が元気になれば、うれしいですし誇らしいものですが、人のことばには一時的な力しかありません。
主のことばを与えてあげましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月15日

2020/6/15早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記31:9-18です。

本文とメッセージはこちら

モーセが世を去るにあたって、その後に願ったことは、自分の名誉でも子孫への財産分与でもなく、ただ主の「みおしえ」に民が従うということでした。
それは彼のライフワークの完成とか、夢の続きというものではなく、神である主の御心です。

モーセの思いはきっと、これから主にお会いするのだから、その主の思いに最後まで沿いたいというものであったろうと思われます。
死とは人生の完成や終焉ではなく、神様との永遠の始まりなのです。

私たちにの多くはまだ地上の時間が長いと思っているでしょう。
ただ、自分の目標や動機が自分を中心にしているか、神を中心にしているかは、人によって違うでしょう。
主を中心に据える生き方には動揺がありません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年06月14日

2020/6/14主日礼拝

6月14日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2020年6月14日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2020年6月14日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2020年6月14日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。


賛美「私は奇蹟を信じる」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「なんとすばらしい」
お知らせと報告など
祝福の時・あいさつ
賛美「わが望みの主」
音楽「未来を信じて」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書16章13〜14節
メッセージ「真理は聖霊によって」
祈り・応答
賛美「聖い御霊よ」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:牛嶋吉隆兄
説教:岡本伸之牧師
音楽:高橋喜仁兄(Trb)・長縄俊一郎兄(Epf)
Praise & Worship
 WL:Yama
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Dr:Ai
 PA:Nobu
posted by DJshuntaro at 12:49 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2020/6/14早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記31:1-8です。

本文とメッセージはこちら

「強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身が、あなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」とは、なんと力強い言葉であろうかと思います。
しかし一方、これまで明らかにされてきた、従わないときののろいはなんと恐ろしいものかとも思います。

まさにイスラエルの行く末には、輝かしい勝利か、悲惨な敗北か、その両極端が待ち受けているようです。
これはまさに信仰の行く末であって、私たちには適当などっちつかずなどはないのです。
主に従って祝福を得るか、従わずに祝福を逃すかしかないのです。

しかし今は新約の時代であって、律法による救いではありません。
主は私たちの弱さをご存知ですから、主に赦しを請い求めつつ、聖霊によって変えられつつ、御心を行ってゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ