2020年09月13日

2020/9/13早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書31:21-30です。

本文とメッセージはこちら

回復の約束、その具体的な描写が続きます。
そこには「義の住みか」というような、正義がもたらされます。
不正や不公平に悩まされることはもうないのです。
また「疲れたたましいを潤し」とあるように、主の癒しと憩いがあります。
また満たしの祝福があります。そして「人間の種と家畜の種」とあるように、主の繁殖と繁栄があるのです。
また「父が酸いぶどうを食べたので、子どもの歯が浮く。」というような、理不尽な親子関係の影響はありません。

これらは私たちの回復にも必要なものです。
イスラエルのように、自分自身から蒔いた種のような苦難もあるかもしれません。
それでも主は、回復の約束をくださるのですから、その主のあわれみに信頼して、希望を持ち、主に従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月12日

2020/9/12早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書31:10-20です。

本文とメッセージはこちら

 「諸国の民よ。」とあります。
主の回復は単に心理的なことではなく、世界にも知らしめられるような明確なできごとです。
私たちにもたらしてくださる回復も、また同じように明確であることを知りましょう。
周囲の人々にも分かるような画期的なことを主はしてくださるでしょう。

「ラケルがその子らのために泣いている。」というのは、イスラエルの預言であると同時に、イエス様に関するできごとでもあります。
ヘロデ王がメシヤを殺そうとして、2歳以下の男子をみな殺させた出来事です。
しかしその預言にもまた、「あなたの労苦には報いがある」と、希望が約束されています。
私たちが信仰によって回復するときには、イエス様のみわざに与ることができるという希望を持ちましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月11日

2020/9/11早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書31:1-9です。

本文とメッセージはこちら

イスラエル回復の預言です。
「荒野で恵みを得た」とは、出エジプトのときの恵みです。
過去の主のみわざを思い出して、私たちも心に平安をいただきましょう。
そのときの恵みは今も変わりません。
なぜなら、主は「永遠の愛をもって」愛し続けてくださるからです。

「タンバリンで身を飾り」「ぶどう畑を」というように、主の回復のビジョンは明確なものです。
それゆえ私たちに与えられている回復の約束も明確です。
そのような主の恵みを視覚的にもイメージしながら、その日を望みつつ一歩でも前へ進みましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月10日

2020/9/10早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書30:12-24です。

本文とメッセージはこちら

主から罰せられたイスラエルの民でしたが、主の愛は変わりません。
イスラエルを苦しめた者を、主は罰してくださいます。
また「わたしがあなたの傷を直し、あなたの打ち傷をいやす」と、主は約束してくださいます。

またイスラエル(ここではヤコブと表現)を回復してくださるというようにです。
主のこらしめや試練にあっている人は、このような主の回復を見せていただきましょう。
21節にある「その権力者」とは、メシヤ預言です。
私たちもこのメシヤであるイエス様につく者として、回復のために「命をかける」者として、希望の使者とされましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月09日

2020/9/9早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書30:1-11です。

本文とメッセージはこちら

主はただ怒りだけで罰するお方ではありません。
「わたしは、わたしの民イスラエルとユダの捕われ人を帰らせる」とあるように、あわれみの愛を持ったお方です。
これまで、敵の王に仕えるようにと命じた主ですが、このようにその先をも見据えたことなのです。

主に従わないことで、自ら困難を招くようなこともあるかもしれません。
そのような時も、主は変わらず愛の主です。
従いましょう。
主からのさばきのような時でさえ、主に回復があることを知って、主に望みを託しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月08日

2020/9/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書29:24-32です。

本文とメッセージはこちら

主の御心を伝えるエレミヤに敵がいました。
シェマヤというにせ預言者です。
彼は人々が喜ぶことを語り、危機感を与えたエレミヤを責めるように手紙さえも送りました。

人の歓心を買おうとするなら、このような間違いに陥ります。
逆に主の御心を行うならば、反対者の妨害に会うことがあるのです。
その最後はどうなるかが、32節にある答えです。
主が「罰する」のです。

人を恐れず、また人の歓心を買うことをせず、ただ主の御心を行いましょう。
一時は不利になったようでも、最後は主の祝福と回復に与ります。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月07日

2020/9/7早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書29:15-23です。

本文とメッセージはこちら

ユダヤ人たちは神様に背いたゆえに、敵国から守っていただけなくなり、その結果滅ぼされてバビロンに連れていかれました。
捕囚となったのです。
しかし、それで終わりではありませんでした。
その後にもまだ選択肢があったのです。

それは支配者となったバビロンの王に従うようにということです。
それはユダヤ人にとっては屈辱でしょう。
しかしそれもまた神様の御心であり、そのようにしてユダヤ人を教育訓練しようとされたようです。

しかし「コラヤの子アハブと、マアセヤの子ゼデキヤ」は、それとは違った預言をしたのです。
「バビロンの王に仕えることはない。」と言うのです。
主は彼らを明確に否定なさいました。

ユダヤ人たちは、自らの罪によってそのさばきを負いましたが、その後にも主に従う道と従わない道がありました。
このように、私たちも自分で蒔いた種のような出来事を負うことがありますが、その時も、楽観的な考えでやり過ごそうとするのではなく、そこから主の御心に従って生きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月06日

2020/9/6主日礼拝

9月6日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2020年9月6日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2020年9月6日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2020年9月6日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「新しい歌を主に」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「あなたは義の方」
お知らせと報告など
祝福の時・あいさつ
賛美「マジェスティ」新聖歌170番
音楽「一緒に」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 ローマ人への手紙12章1節
メッセージ「聖なるものとしてささげる」
祈り・応答
賛美「パワーオブユアラブ」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:竹内清兄
説教:岡本伸之牧師
音楽:兼田美幸姉
Praise & Worship
 WL:Yama
 Cho:Nobu&DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 G:Nobu
 Dr:Ai
posted by DJshuntaro at 14:17 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2020/9/6早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書29:1-14です。

本文とメッセージはこちら

バビロンへ引かれて行ったのは主のさばきです。
しかしそのさばきの地にも主の祝福はあるというのです。
ですから主は「あなた方を引いて行った町の繁栄」をも求めるようにと言われます。

そのように主の愛の懲らしめの後に、「平安を与える計画」を約束してくださいます。
私たちも同じように、主の試練があるかもしれません。
その場合は、非現実的な「夢」ではなく、主のご計画を見てゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月05日

2020/9/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書28:1-17です。

本文とメッセージはこちら

偽預言者ハナヌヤは民の歓心を買うために、平安を宣言しました。
一方、エレミヤは民の悔い改めをもたらすために、苦難を預言しました。
安っぽい気休めを語らないようにしましょう。
そのようなことばや考えに飛びつかないようにしましょう。
主の御心を行うことを是としましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月04日

2020/9/4早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書27:12-22です。

本文とメッセージはこちら

「バビロンの王に仕えない」というのは、信仰深い態度のように思えるかもしれません。
しかし、それを勧める預言者たちは、主のみ頼ってのことではなく、エジプトに頼っていれば希望があるとの判断なのです。

このように自分の考えに頼るときに、まるで信仰から出ているかのような理由付けをすることがあるので、私たちも注意しなくてはなりません。
「主の宮の器」も同じです。
主に聞くのではなく、バビロン王の仕えないため後付の理由にしか過ぎません。
むしろ主は「…わたしは、それらを携え上り、この所に帰らせる。」と言っておられます。

自分の主張を、信仰を装って理由付けしないように注意しましょう。
また、そのような主張に惑わされないように気を付けましょう。
そのために常日ごろから、主の御心を聞いて従い、聞き分けられるようにしておきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月03日

2020/9/3早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書27:1-11です。

本文とメッセージはこちら

異邦人の王であるネブカデネザルに服従するようにと命じるのは、意外であり神の命令ではないように感じます。
ここに神様の歴史性があります。
神様が導かれる歴史は、あくまでもこの世であり、神を信じない人々の集合体です。
しかし、その異教の民をも用いて、主は歴史を動かしなさるのです。

ですから、異教の王にも従うようにとの命令があるのです。
これは善悪の問題ではなく、「時が来ると、多くの民や大王たちが彼を自分たちの奴隷とする。・・」という、その時までのことです。

主の御手が不信者の権力者をも導いていることを覚えましょう。
職場や、学校などの人間関係の中でも、主がどのように働いておられるかを、教えていただき、主が教えてくださる知恵を生かしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月02日

2020/9/2早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書26:16-24です。

本文とメッセージはこちら

この当時のユダでは、神のことばを語るのは命がけでした。
エレミヤと同じ預言をしたウリヤは、王に捕らえられて殺されました。
エレミヤも後に殺されたとの伝承があります。
同じ働きをしても、生かされるかどうか、いつまで生きるかは主の御手の中にあるのです。
自分は損をしていると思うこともあるかもしれませんが、主におまかせしましょう。

ここではエレミヤは「首長たちとすべての民」「シャファンの子アヒカム」によって守られました。
私たちの命も、立場も、財産も、評価も、実績も、主が必要とあれば守ってくだいますから、主にお任せしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2020年09月01日

2020/9/1早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書26:1-15です。

本文とメッセージはこちら

エレミヤは大胆に主のことばを語りました。
それは彼にとっては、危険があったとしても当然のことだったのです。
彼は主が永遠の主権を持った方だと知っていたのです。
人を恐れずに、主を正しく恐れる人の信仰がここにあります。

その預言を聞いた祭司や預言者たちは、彼を非難しました。
主からの警告を聞いた人の反応としては最悪のものです。
私たちは主からの戒めを聞いたなら、それに謙遜に従わなくてはなりません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ