2020年11月09日

2020/11/9早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、テサロニケ人への第1の手紙5:19-28です。

本文とメッセージはこちら

御霊はクリスチャンにとってなくてはならないお方です。
そして「消してはなりません。」とあるように、私たちが心からお迎えしなければなりません。
預言とは神のことばですから、私たちにとっては聖書と言ってよいでしょう。
御霊と聖書、これはクリスチャンの生命線です。
両者に触れていなくて、クリスチャンの主張も計画も見通しもありません。
また的を射た意見もあり得ません。

良いものとは何でしょうか。
また悪は何でしょうか。
両者を取捨選択するのは、御霊と聖書による判断が必要です。

この手紙のように何かたくさんのことが言われると、息が詰まるように感じることもあるかも知れません。
パウロは「あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます。」と宣言しています。
主を愛して、主に頼りつつ、主にお会いすることを待ち望みつつ、地上の歩みを全うして行きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ