2021年01月23日

2021/1/23早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書5:38-48です。

本文とメッセージはこちら

山上の垂訓と言われている、この箇所でのイエス様の説教は、非常に高い倫理基準です。
そこである人々は、これはあくまでも実現不可能な理想であって、それに向けて努力していけば良いのだと言います。
またある人は、どんなに高い基準でも神様の命令であるなら、絶対であって、それに反するなら本当のクリスチャンではないと言います。

そのどちらも極端であり、またこの世の論理に沿った考えであり、肉の力による発想であると言えるでしょう。
ここにあるのは神の国の論理であり、聖霊の力による生き方です。

人は神様の十字架によって罪赦されて救われて天国の希望が与えられると、その感謝から神様に喜ばれたいという気持ちが湧いてきます。
また神様の役に立ちたいと思うようになるものです。
そこで神様に、どのように生きたら良いのですかと、聞きたくなります。
そのような人々に語られたのがこの説教、すなわち山上の垂訓であると言えるでしょう。

このようなクリスチャンは、「左の頬も向けなさい」、「上着もやりなさい」、「敵を愛し」と言われると、やってみたいと思うものです。
そして単なる理想であって、実行しなくても良いのだと軽く考えることはないでしょう。
絶対の命令であるから、違反したら恐いという思いもないでしょう。

私たちは、自分の心のうちに、このようなきよい思いがあって、主の心と近くありたいと願うものなのです。
その思いを自分自身の内に発見しましょう。
私たちの国籍は天にあるのですから、その天の価値観があることを発見しましょう。
実際にやってみましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ