2021年02月11日

2021/2/11早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書12:38-50です。

本文とメッセージはこちら

多くの人が、神を信じることの根拠として「しるし」、すなわち不思議な出来事を期待します。
それで惑わされる人が多いのです。
偽の宗教は、人に取り入ろうとするため、欲望を満たすような「しるし」を強調し、それを求める人は自分のために宗教を渡り歩くようになります。
これが「悪い、姦淫の時代」ということです。
自分の欲求のための信仰ではなく、主の御心が第一であり、そこに本当の幸いがあるということを心して、生きましょう。

ヨナも南の女王も、出来事としては特筆すべき「しるし」となるようなことでしたが、イエス様こそが「まさったもの」です。
イエス様を愛して、イエス様の出来事と心に感じることができるかどうか。
これが信仰のバロメーターを言ってもいいでしょう。

イエス様のことが分るような霊的感性は聖霊によって与えられます。
単に心を「掃除してきちんと」片付けるだけでなく、聖霊に満たされて、聖霊に従いましょう。

そのように「みこころを行う者」を、主イエスは「兄弟、姉妹、また母」と呼んでくださいます。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ