2021年02月18日

2021/2/18早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書14:22-36です。

本文とメッセージはこちら

イエス様と弟子たちの思い出はたくさんあったでしょうが、マタイはこの出来事を残すことを選択しました。
そこには不思議以上の信仰的な意味があって、弟子たちが大いに教えられたからです。

イエス様は弟子たちを愛しておられましたが、時にはひとりになって、御父との交わり、すなわち祈るためにお1人になられました。
またイエス様がいなければ弟子たちは、「恐ろしさのあまり、叫び声を」上げるほど気弱な者たちであったことがわかります。
そしてそれら以上に、この湖上での出来事は印象深いものでした。

弟子たちはイエス様がそばにいるのに気づかずに、幽霊と勘違いしてしまいました。
私たちも同じように、ともにいてくださるイエス様に気づかないままではなく、交わる者となりましょう。

またペテロのように、イエス様がおられるなら、そのことを確信したいと思うこともあります。
イエス様はそれをお許しになりますが、ペテロは風を見て恐くなりました。
私たちも、主を見るのではなく、問題を見てしまうことで、むしろ沈んでしまうことがあるのです。
問題は決定的ではなく、主との関係が決定的なのです。

問題解決はさておいてでも、主イエスをしっかりと見上げましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ