2021年02月26日

2021/2/26早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書18:1-11です。

本文とメッセージはこちら

神の価値観は永遠であり、揺るぎない確かなものです。
その価値観がここで明らかにされます。
子どもは能力が劣っていますし、弱くまた分別のないものです。
しかし、親を頼りきっています。
また自分を大人のような偉大な者だとは思いません。
同じように、天の父である神様に対して、信頼して頼りきり、謙遜に弱さを認めることが何よりも大切なのです。

ですから子どものように弱い小さい者は、神様から特別に愛されています。
当時は子どもは尊重されませんでしたが、それは間違った価値観です。
この大切な子どものように小さな者を、つまずかせることはならないのです。
同じように自分自身をもつまずかせないように、その原因をとなるものは「切って捨てる」必要があります。
惜しく思えたり、慕わしく思えるものでも、自分全体がだめになるよりはいいのです。

小さな弱い者を大切に愛し、また小さな弱い自分を大切にしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ