2021年03月31日

2021/3/31早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書27:11-26です。

本文とメッセージはこちら

ユダヤ人たちがピラトに迫り決断させることによって、死刑とそれに関わるすべての預言が成就しました。
神様の計画は、敵の身勝手な行動さえも用いて実現するのです。

ピラトは、自分の在任中にイスラエル人の暴動が起きると責任問題になるので、それを恐れて保身のために、イエス様を十字架につけるという要求に屈しました。
人は信仰の真理や正しいことを知っているだけでは足りなく、それを行わなければなりません。
ときには自分に不利になることがあっても正しいことを決断しましょう。

「それでも、イエスは…一言もお答えにならなかった」とあります。
イエス様は全てを父なる神にお任せするという、最も効果的で力ある道を知っておられたのです。
私たちは自分の不利に際して、あせってあれやこれやと言いたくなるものです。
または立場が悪くならないようにと、時には相手をやり込めたくなるものです。

全能の神のみこころに委ねること、これが本当に力ある者なのです。
また、時には何も申し開きの機会が与えられないまま、悔しい思いをすることがあるかも知れません。
そのときも御父に委ねることのすばらしさを感謝しましょう。
イエス様と同じ道を歩むことができるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月30日

2021/3/30早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書27:1-10です。

本文とメッセージはこちら

「ユダは、イエスが罪に定められたのを知って後悔し」とありますから、彼はイエス様が何かの力を使って、死刑にならないようにするのだと期待していたのかもしれません。
または何か自分の期待通りでないイエス様に怒り、仕返しの思いもあったかもしれません。
その動機ははっきり書かれていませんが、彼は身勝手な理由でイエス様を売って、お金を手に入れたのです。
その結果は目論見通りと納得したのではなく、後悔でした。

ここで分かることは、自分勝手な神観は危ないということです。
それは身勝手な失望と不従順につながります。
何事も神様に聞いて、つまり聖書に聞いて、神様の御心を理解しなければ、間違ってしまいます。

また後悔と悔い改めは違うということです。
悔い改めと日本語では訳しますが、原語では方向転換という意味です。
向きを変えて、過去の罪を振り払って前進するのです。
どのようにして罪を振り払うことができるのでしょうか。
それは十字架の贖罪と赦しです。

十字架に架かってくださった神である主という、神観をしっかりと持って、それゆえに過去の罪も失敗も赦していただいて、新しくしていただいて、向きを換えて出発して行きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月29日

2021/3/29早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:69-75です。

本文とメッセージはこちら

この世は完全にイエス様の敵となりました。
ペテロは自分のいのちを守るためには、ここでは「そんな者ではない」と否定するしかありませんでした。

イエス様の「(あなたは)ふるいにかけられる」との警告に対して、ペテロは謙遜に受け入れるどころか、「覚悟はできています」と大口をたたいてしまいました。
その結果が「そんな人は知らない。」という裏切りでした。

彼は自分の信仰を過信していたのです。
誰もが自分は信仰を持ち続ける、あの人のような罪を犯すことはない、あれくらいの奉仕なら自分ならやり遂げられるなどと思ってしまうものですが、状況というものは変わるものです。

自分は弱い存在であること、今の状態は続かないかもしれないということを知り、謙遜でありましょう。
そして謙遜ゆえに主の力に依り頼んで行きましょう。

イエス様は彼の裏切りをあらかじめ知っておられ、それを彼に伝えました。
彼が「イエスの言われたあのことば」を思い出すためです。
またそれは彼をとがめるためではなく、彼のその後に赦しと希望を与えるためです。

イエス様の弟子として歩むことには、大きな報いの祝福が約束されていますが、それは後のペテロのように、聖霊によらなければ不可能なのです。

裏切ったペテロは後に、復活の主によって赦されて尊い使命が与えられました。
さらに聖霊に満たされて、キリストの証人になりました。

謙遜に主に従いつつ、聖霊によってイエス様の弟子としての生き方を全うして、すばらしい報いをいただきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月28日

2021/3/28主日礼拝

3月28日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年3月28日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年3月28日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年3月28日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。




------------------------------------------------------------
前奏
賛美「あなたの前に行きます」
礼拝祈祷
招詞
お知らせと報告など
賛美「God is Good All The Time」
  「主のもとへと走り出そう」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 イザヤ書53章5節
メッセージ「平安といやしが十字架から」
祈り・応答
賛美「十字架のかげに」聖歌396番(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:牛嶋吉隆兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:岡本牧師
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Dr:Ai
 PA:Yama
posted by DJshuntaro at 14:18 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2021/3/28早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:57-68です。

本文とメッセージはこちら

大祭司たちはイエス様を罪に定めることが、初めからの目的であったので、イエス様のことばを勝手に解釈しています。
「あなたの言うとおり」ということで冒涜と決め付けていますが、これは彼らがイエス様を「神のキリスト」と言っていることになります。
また「人の子」を勝手にイエス様であると解釈しています。

これにより結局彼らは、イエス様が神であるという事実を有罪としたのです。
すなわち彼らは神を神として認めなかったという罪を犯したわけです。

すべての義と真理、そして愛の根源であられる、創造主である神に逆らっては、どんな正義も成り立ちません。
その神様を有罪として、殺すなどという前代未聞の暴挙は、神が神であることを認めない態度と一体であることが分かります。

私たちは神様を神と認め、信頼しましょう。
神様を主として、どんなことでも従いましょう。
このときにイエス様のそばにいたとしたら、それができるでしょうか。
そして今はどうでしょうか。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月27日

2021/3/27早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:47-56です。

本文とメッセージはこちら

イエス様には、かつては大勢の群衆が従っていましたが、今や群衆は敵となりました。
国の指導者たちは殺意に燃え、さらには愛した弟子の一人であるユダにまで裏切られました。

しかしイエス様は強い決意によって、戦うことも防衛することもなさいませんでした。
ご自身が十字架に架かられるという大いなる使命があったからです。

私たちはこのような主イエスの愛と強さの御思いを忘れずにいたいものです。
またこの世の悪や矛盾に直面するとき、決してこの世の戦いの論理ではなく、イエス様の愛の力で勝利できることを信じましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月26日

2021/3/26早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:31-46です。

本文とメッセージはこちら

イエス様が「あなたがたは…つまずきます。」と警告なさいましたが、弟子たちは「決してつまずきません。」と、自分の信仰を過信していました。
さらにイエス様が「死ぬほど」の祈りをしているときでさえ、眠ってしまいました。

本当に私たち人間は霊も肉も弱いので、祈って神様に助けていただくほかありません。
決して高ぶらないように、また安心しきらないようにしましょう。

主イエスの思いを教えていただくには、自分の力では不可能で、聖霊様により頼む以外ありません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月25日

2021/3/25早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:17-30です。

本文とメッセージはこちら

過越しの食事とは、イスラエルがエジプトの奴隷から解放されたことを祝うお祭りの行事です。
エジプトから脱出するとき、エジプト全体が神様に打たれたのですが、イスラエルの家だけは裁きを過越されるようにと、子羊の血を入り口に塗ったことを記念しています。
これはまさにイエス様が、全人類の裁きを過越していただくために、血を流すことのひな型でした。
イエス様はそれを知って、この過ぎ越しの食事を特別なものとして用意なさったのです。

そこでイエス様はご自分の死がどういう意味でどういう目的を持ったものなのかを、弟子たちに語りました。
またユダの裏切りを知りつつ彼を行かせたことを記録して、イエス様はご自身の決心によって十字架に架かられたことが明らかになっています。

それらが全て人類の救いのためであり、また現に救われている私たち1人1人のためにであることを覚えて、感謝しつつイエス様の愛を心に味わいましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月24日

2021/3/24早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書26:1-16です。

本文とメッセージはこちら

大祭司や祭司長また長老たちを敵にするということは、この世では絶望的な敗北を意味していました。
しかし神様にとっては、この世は限定された小さな世界にしか過ぎません。

その後に香油のエピソードがあります。
この世の価値観だけで言うと、数百万円の価値があるだろうと思われる香油をイエス様に注ぐとは、「むだなこと」になるかもしれません。
しかしそれは、この世しか見ていない価値観です。
「貧乏な人たち」を思いやる気持ちは、神様から与えられています。
その神である主イエスを愛することは、人への思いやりに先行するものであり、逆に神をないがしろにするなら、それは必ず人をないがしろにすることにつながるです。

ましてやイエス様は全ての人を愛して救うために、恐ろしい十字架への道を進んでいたのです。
イエス様を愛することは人をも愛することです。

ユダはそれが分からずに、人間中心の価値観でイエス様に失望していたようです。
神の永遠の価値観を人のものと同列にしてしまわないように、まず神を第一としましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月23日

2021/3/23早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書25:31-46です。

本文とメッセージはこちら

「世の初めから、あなたがたのために備えられた御国」とありますから、救いは主の権威によって予定されているようにも読めます。
しかし一方「小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。」ともありますから、人間の側による救いの決定というようにも読むことができます。
そしてここでは信仰と行いとが一体になっています。

まさに予定論と予知論、また信仰と行いとが一体となって表現されているイエス様のたとえ話ですが、大切なのことは神学ではなく、人を愛することはイエス様を愛することと同じ思いから発するということです。
信仰があると言いながら、苦しんでいる人を助けないなどということは有り得ないのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月22日

2021/3/22早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書25:14-30です。

本文とメッセージはこちら

タラントは当時では億単位のお金です。
私たちはそれほどの賜物、すなわち才能や可能性を神様からいただいているということです。
もっと積極的な自己像を持ちましょう。

5タラントもらった者は恵まれているようですが、それだけ大きな仕事をするのですから苦労も大きいでしょう。
神様は2タラントも者も全く同じくほめてくださいますから、賜物が多い者が恵まれているとは限りません。
主のために用いることが何よりも大切なのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月21日

2021/3/21主日礼拝

3月21日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年3月21日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年3月21日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年3月21日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「主の栄光宮に」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「輝く日を仰ぐとき」新聖歌21番
お知らせと報告など
賛美「ここも神の御国なれば」讃美歌90番
  「神の国と神の義を」新聖歌291番
  「キリストの花嫁」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 マタイによる福音書26章6〜13節
メッセージ「無駄を恐れない愛」
祈り・応答
賛美「レプタ2枚」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:山本真一兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:Miyuki
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 PA:Nobu
posted by DJshuntaro at 13:55 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送

2021/3/21早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書25:1-13です。

本文とメッセージはこちら

かつて再臨のイエス様をお待ちする、いわゆる再臨信仰を強調するクリスチャンは、再臨はすぐにあるという表現をすることが多いのですが、それは「見よ。わたしはすぐに来る。」という黙示録のことばから来ていると思われます。
しかしこのたとえでは、思ったよりも遅かったという場合が語られています。
つまりイエス様の再臨はいつかは分からないということです。

それよりも大切なことは、備えをしっかりしてイエス様をお待ちするということです。
油とは聖書では聖霊を表します。
また聖霊による祈りも表していると思われます。
そして聖霊によって生きる者の信仰の表れは、あらゆることに関係します。

主イエスをお待ちする備えをしましょう。
イエス様は生きておられます。
単に生活習慣や信仰のあり方ではなく、日頃からイエス様と愛の交わりをしつつ、お待ちすることです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月20日

2021/3/20早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書24:36-51です。

本文とメッセージはこちら

私たちは今の世界が、つまり見えるものがいつまでも続くかのように錯覚しがちですが、そのようなことはありません。
確実に終わってしまうのです。
イエス様はそのことを実感させようと、非常にリアルな描写で終りの時の様子を語られます。

それはいつか分からないからです。
そしていつイエス様が来られても良いように、備えなければならないからです。
私たちの人生のすべては、神様からまかされたもので、私たちは忠実なしもべであることが必要です。

主に忠実でありましょう。
忠実でありつつ、イエス様を愛して待ち望みましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月19日

2021/3/19早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書24:29-35です。

本文とメッセージはこちら

世の終わりの出来事が、単に社会の変革というものではなく、宇宙的な規模であることが分ります。
つまり全存在が刷新されるということです。
どんな人間の英知も神様のご計画と権威のもとには、全く無力であることを知る必要があります。

「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。」という信仰、神理解が大切です。
日頃からそのように神様の権威を喜びつつ生活している人は、何があっても動じることはないのです。
むしろその混乱の中にあって、神様は何をしてくださるのだろうと、そのご計画を楽しみにすることさえできるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月18日

2021/3/18早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書24:15-28です。

本文とメッセージはこちら

はげたかは死骸を食べるので、汚れた動物とされていました。
罪あり汚れた私たち人間が、イエス様の十字架という”死”のもとに来るのは、まさにはげたかが死体に集まるようです。
しかしそこにこそ永遠の命があり、汚れた者が赦されてきよいものとされる希望があります。
またそこに終末の混乱の中にも確かな答えがあるのです。

イエス様は実際にユダヤでその後に起こった悲惨な苦難を預言しておられますが、それはまさにこの世の終わりの悲惨さの型でもあります。

多くの惑わしがありますが、私たちクリスチャンには明確な答えがあるのです。
それが「人の子」であるイエス様であり、死体と表現されているイエス様の十字架です。

このイエス様、十字架の救いから離れないという決心を今のうちからしておきましょう。
その決心にふさわしい生き方をしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月17日

2021/3/17早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書24:1-14です。

本文とメッセージはこちら

弟子たちは見える栄光や壮大さに心を奪われますが、何であっても神様の守りがなければ滅んでしまいます。
イエス様のことばは誇張ではなく、この後にローマの侵攻によって、宮の石がすべてくずされたというのは歴史的な事実です。

そのように私たちの世界は、驚くような意外さによって、いとも簡単に崩されてしまうのです。
しかし、神様の真理と救いは決して損なわれることはありません。

ですからキリストの御名には力があります。
そこで、神の国を崩すためにサタンは偽キリストを用います。
ですから偽キリストには注意しなければならないのです。
また迫害やつまずきやにせ預言者が現れて、神の国を邪魔します。

私たちクリスチャンに必要なのは忍耐です。
忍耐を全うするために力になるのは、真理の知識と終わりの希望です。
正しい信仰基準によって知識を確かなものとしましょう。
教会生活をしっかりとして、メッセージを聞き続けることです。
また終わりの時にも希望を持ちましょう。
やがてお会いするイエス様を、今の生活の中でも愛することです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月16日

2021/3/16早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書23:23-39です。

本文とメッセージはこちら

律法学者は民衆が守るべき律法を定め、パリサイ人はそれを守るように教えていました。
しかしどれも自分たちの権威と特権を守るためで、本当の神の御心からは離れたものだったのです。
イエス様は彼らを面と向かって非難し、神様の御心を明らかにしました。

正典である聖書66巻は、自分の立場を守ったり、良く見せたりするためにあるのではありません。
むしろみことばの前に、まだまだ不完全な自分を明らかにしつつ、謙遜でありましょう。
またそのような分かち合いをしましょう。

イエス様は偽善者であるパリサイ人や律法学者を非難しますが、それは個人的な感情や目的ではありません。
「ああエルサレム」というように、エルサレムすなわちイスラエルの民族を愛してやまない思いから来ているのです。

どんなに厳しいことばであっても、神様の御声に耳を傾けましょう。
主は愛によって語っておられるからです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月15日

2021/3/15早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マタイによる福音書23:13-22です。

本文とメッセージはこちら

パリサイ人の権威や教えが、イエス様の宣教に大きな妨げとなったことでしょう。
彼らの価値観は彼ら自身を守るためであり、この世での権威を保持するためのものだったからです。
神の国の価値観は全く違っていました。

私たちもこの世の権威を尊重することがあるでしょう。
尊敬する人、先生と呼んでいる人、また特別な経験や能力や知識を持って、教えてくれる人などは、すばらしい人々であって得るものがたくさんあるでしょう。
しかし神様と同列にすることはできません。
それでも人間は、神よりも人に教えを請うことが多く、そして神様と違う教えも受け入れてしまうことがあるのです。

イエス様がパリサイ人に気をつけるように、具体的に警告しておられますが、同じように人から何か影響を受けてしまって、神様の真理から離れていないかどうか考えてみましょう。
または神様に聞いて頼ることを忘れていないか、第一にしないままではないか、考えてみましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年03月14日

2021/3/14主日礼拝

3月14日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年3月14日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年3月14日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年3月14日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「あがない主」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「偉大な主」
お知らせと報告など
賛美「御名を掲げて」
  「与えることと捨てること」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 マタイによる福音書24章32〜36節
メッセージ「滅ぶ天地・永遠のことば」
祈り・応答
賛美「主イエスの聖名は」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:竹内清兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:Yama
 Cho:Setsuko
 Key:Setsuko
 Dr:Nobu
 PA:DJshuntaro
posted by DJshuntaro at 13:53 | Comment(0) | NGC SundayCelebration配信放送