2021年05月14日

2021/5/14早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記16:21-36です。

本文とメッセージはこちら

ここでは聖なる安息日のことが表されています。
安息日にもパンを集めないと心配な人がいたようです。
しかし神様はその日は神様にささげるように命じておられます。
聖日に神様に従えない人は他の日にも従えないでしょう。
聖日はその神様への信頼と従順を表すものです。

また安息ですから、私たちのたましいの休みでもあります。
その日は生活の労苦は神様に預けて、休むべきなのです。
そのようなとき、神様はしっかりと生活を守ってくださいます。

それらを子孫に残すように神様は命じられました。
なぜならそれはイエス様とみことばを表すからです。
主に信頼して命令を守り、その結果 安息と祝福を得ましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月13日

2021/5/13早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記16:11-20です。

本文とメッセージはこちら

うずらの後に、パンが地に降りました。
このパンはマナと呼ばれたもので、新約においてはイエス様の雛形であり、またみことばの雛形でもあります。
イエス様は御自分のことを、天から下ったパンであると表現しておられます。
すなわち命のために必要なものであり、永遠の命のために天から来られたということです。

また、人は神のことばによって養われると、イエス様がおっしゃいました。
まさに日々の聖書のみことばが、私たちにとってのパンなのです。
このみことばは、ためておくことができず、日々いただく必要があります。
まさにこのマナと一緒なのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月12日

2021/5/12早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記16:1-10です。

本文とメッセージはこちら

せっかく救い出していただいたのに、「死んでいたらよかった」(3)とは何という言いぐさでしょうか。
しかし本心なら、食べ物のことでつぶやいたりしないでしょう。
生きたいので、そのようなことを言うのです。
また不満ややるせなさを誰かにぶつけたいのでしょう。

神様はなぜ、食べ物の豊富なところへと導かなかったのでしょうか。
それはイスラエルの民の信仰を試し、そして育てるためです。
神様によって養われるのだということを分からせるためです。

私たちも同じで、自分の能力でやったと勘違いしないように、神様は私たちに試練を与えられるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月11日

2021/5/11早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記15:22-27です。

本文とメッセージはこちら

エジプトから救い出されたイスラエルの民でしたが、さっそく水の問題に直面しました。
このつぶやきとは、不平を表すことばです。
それは依頼心と批判からくる思いでしょう。
教会の問題などに際しても、信仰から来る問題解決と、つぶやきとは違うので、気をつける必要があります。

モーセは指導者として、神様に祈り、神様から答えをもらいました。
信仰で人を導くのは、自分の経験や知識によるのではなく、祈りとみこころによるのです。

26節には神様からの約束があります。
それは私たちの人生にとっても同じです。
この約束を肝に銘じましょう。
従う者には、最後には神様の守りがあるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月10日

2021/5/10早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記15:13-21です。

本文とメッセージはこちら

救いの喜びと感謝を歌にして、賛美することはすばらしいことです。
そこに生きる力がわいて来て、勝利への出発となります。
私たちは祈りにおいても、神様をたたえることができます。
神様のすばらしさを表すことは、その作品である自分自身とその人生のすばらしさを表すことです。

イスラエルの民は、その救いを喜ぶときに神様への賛美となり、それゆえにあらゆる敵に対する勝利の宣言となっています。
私たちも感謝なこと、喜びがあるときには、常に神様に感謝してほめたたえましょう。
それによってあらゆることへの勝利の信仰が与えられ、その信仰ゆえに実際に勝利が与えられるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月09日

2021/5/9主日礼拝

5月9日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年5月9日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年5月9日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年5月9日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。



賛美「山々が生まれる前から」
------------------------------------------------------------
前奏
招詞
礼拝祈祷
賛美「遠き国や」聖歌397番
お知らせと報告など
賛美「山々が生まれる前から」
  「主よ捧げます」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 出エジプト記16章31〜36節
メッセージ「神のことばに満足する」
祈り・応答
賛美「主よ、だれよりも」(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:竹内清兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:Miyuki
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Dr:Ai
 PA:Nobu
posted by DJshuntaro at 12:59 | Comment(0) | NGC Service配信放送

2021/5/9早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記15:1-12です。

本文とメッセージはこちら

モーセとイスラエル人は主を賛美して歌いました。
主への賛美は、そのみわざをさらに明らかにするもので、私たちの心に主のすばらしさを刻むものです。
またそれは心の養いや平安や癒しにもなります。
この世で最も美しく、すばらしいものをたたえるのだからです。
どんな経験よりも、景色よりも美しいものです。

その内容はただただ主のみわざを歌っています。
主のみわざがそれだけ美しい芸術なのです。
私たちも主のすばらしさを表しましょう。
もっと多く頻繁に主のみわざを誉めたたえることができるのではないでしょうか。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月08日

2021/5/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記14:15-31です。

本文とメッセージはこちら

紅海が別れてイスラエルは対岸に渡ることができ、後から追っ来たパロの軍勢は海に飲み込まれました。
そのようなみわざは「わたし(神)が主であることを知る」(18)ためです。

私たちも主のみわざを期待して祈りますが、それによって自分の都合のよい結果を求めるのではなく、主であることを知るために求めましょう。
みわざは主の栄光を表すためにあるのです。
私たちの生きる目的も主の栄光を表すためですから、当然のことです。
主の栄光とはまた私たち主の民を愛し守ることでもあるのですから、安心して主の栄光を求めましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月07日

2021/5/7早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記14:1-14です。

本文とメッセージはこちら

主はイスラエルを約束の地に導き入れることを決めておられましたが、そのプロセスをも考えておられました。
イスラエルははじめ南の方に向かいましたが、そこは紅海がさらに広くなり、仮に海が割れたとしても渡れることはできなかったでしょう。
また北は容易に進むことができましたが、それではパロの軍隊に簡単に追跡されますし、場合によっては簡単にエジプトに引き返すことにもなりかねません。

主は紅海を渡るという道を考えておられ、そのためにこの理解しがたい場所に宿営するように命じられたのです。
主の導きに信頼しましょう。
今は理解できないことでも、想像をはるかに超える主のわざに期待しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月06日

2021/5/6早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記13:11-22です。

本文とメッセージはこちら

神様がエジプトの初子を打たれたことは、主の救いのハイライトです。
それを後々の世代に伝える必要があります。
そのことを単にことばだけでなく、「どういうことですか」(14)と問うほどに興味を持たせるのは神様の知恵です。
視覚教材は重要です。

現代も与えられている技術か機器でそれを工夫することは大切です。
しかし単に先端技術を使うことが目的ではなく、そこに表されている信仰の意味が大切であり、また聖霊が働いてくださることが重要です。

主は火の柱、雲の柱で臨在を表して、民と共におられることを明らかにされました。
主が共におられることが勝利なのです。
私たちも常に主がおられることを意識しましょう。
主に話し、主に聞き、主に従いましょう。
また主が共にいてくださるように、主を主としてあがめましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月05日

2021/5/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記13:1-10です。

本文とメッセージはこちら

初子の聖別によって、イスラエルは初子が特別であることに強い意識を持ったでしょう。
それはまさにイエス様が神の初子ということのできる”ひとり子”である事実に深くつながります。
この特別な方が私たちの身代わりとなってくださったのです。

「種入りのパン」(3)は不純物によって全体が変わってしまうことを表しますが、そのようなことのないようにとの視覚教材です。
このように主への純粋な信仰を持ちましょう。
自己中心や自己保身や打算を交えずに、主のみこころを求めましょう。
また福音に人間的な妥協の混ぜ物をしないように気をつけましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月04日

2021/5/4早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記12:37-51です。

本文とメッセージはこちら

壮年男子だけで60万人とは非常に多くの民だったことが分かります。
その後の荒野での出来事の現実を理解することができるでしょう。
それほどの人々を荒野で養われた主の恵みと力を覚えましょう。
しかも「ぐずぐずしてはいられず」というほどの緊急の中で救いは行われました。

私たち自身の救いも、その時しかないというような緊急な神の時であり、また主の恵みと力のわざであったことを、もう一度思い起こして感謝しましょう。
そしていよいよ神様に信頼しましょう。

過ぎ越しのいけにえは単に行事ではなく、信仰の表れです。
ですから「居留者」「雇い人」(45)であるからといって食べるものではありません。
割礼を受けて、神の民となってからのものです。
すなわち新約で言うなら、十字架を受け入れて新生した者が、聖餐にあずかり、また教会の一員になるというようなことです。

何よりも信仰の表明を大切にし、そこをないがしろにしないよう6にしましょう。
常に自分自身はその信仰を持っているのだと自覚しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月03日

2021/5/3早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記12:29-36です。

本文とメッセージはこちら

初子が殺されるというのは、ファラオをはじめエジプト全土に計り知れない打撃を与えることです。
そしてそれ以上にここでの意味は、神のひとり子であるイエス様の死の雛形であることです。
この死を免れるために、イスラエルは羊を殺してその血をぬって印としたのですが、それはイエス様の雛形です。
そのイエス様は神の初子と表現されてもよい、すなわちひとり子なのです。

エジプトがイスラエルを虐待した罪、何度も偽りを言ってイスラエルを去らせずに、さらに苦しめ搾取しようとしたファラオの罪が、すべてこれら初子の上に報いとして降りかかったのでした。
これもまたイエス様の十字架を思わせるものです。

もちろんこれらの初子は、愛を持って身代わりになったわけではありません。
ただ罪の報いがそこに集中したという意味においてであり、そして信仰によってイスラエルにおいては、羊がその身代わりとなったのです。

イスラエルの人々がエジプトから金や銀を求めたのは、彼らのあつかましさではなく、むしろ逆で「好意を」持たれていたからです。
神の民は、虐待されるような境遇でも、神様のみこころを行うことができ、最後は救い出されますし、さらには善きものを受けることができるのです。
そのように信じて行動しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月02日

2021/5/2主日礼拝

5月2日の放送です。

下記をクリックすると、YouTubeで再生開始されます。
2021年5月2日NGC SundayCelebration (YouTube)

また、下記をクリックすると、Windows Media Playerで再生開始されます。
2021年5月2日NGC SundayCelebration (WMP)

また、下記をクリックすると、Real Playerで再生開始されます。
2021年5月2日NGC SundayCelebration (RAM)


出席票の記入にご協力をお願いします。




------------------------------------------------------------
前奏
賛美「主は御座におられる」
招詞
礼拝祈祷
お知らせと報告など
賛美「主の御名」
  「イエスが愛したように」
司会
使徒信条
主の祈り
祈祷
聖書 出エジプト記14章1〜4節
メッセージ「決心を求める主」
祈り・応答
賛美「雄々しくあれ」新聖歌486番(献金)
頌栄「父・御子・御霊の」新聖歌63番
祝祷
後奏
------------------------------------------------------------



司会:中川宏道兄
説教:岡本伸之牧師
Praise & Worship
 WL:岡本牧師
 Cho:DJshuntaro
 Key:DJshuntaro
 Dr:Tsubasa
 PA:Ai
posted by DJshuntaro at 13:38 | Comment(0) | NGC Service配信放送

2021/5/2早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記12:14-28です。

本文とメッセージはこちら

種を入れないパンは罪のない純粋な信仰を表します。
私たちはそのような信仰でイエス様の十字架を受け入れたのです。
その信仰の尊さを忘れないようにしましょう。

聖なる会合を開くようにと命じられています。
救いを忘れずに感謝することを、単に個人の心の中だけでなく共同体として続けてゆくようにということです。
このように救いを心に刻むのです。
私たちにとっては礼拝がそれであり、またクリスマスやイースターなどの礼拝がそれです。

いけにえは、救いのためには血を流して、罪を負う身代わりが必要であることを表します。
イエス様の十字架の現実を覚えましょう。
私たちにとっては聖餐がそれにあたります。

主の十字架を子孫に、また次世代に伝えるためにも、その現実性を覚えるための礼拝を熱心に守り、そこを原点としてゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ

2021年05月01日

2021/5/1早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、出エジプト記12:1-13です。

本文とメッセージはこちら

神様はその権威によって、まだ事が起こる前からイスラエルの民に、記念とすることを命じておられます。
神様の全能がここにも表されています。
これは過ぎ越しと呼ばれる出来事で、信じて羊の血に頼る者は、滅びを過ぎ越すことができるということです。
それはまさにイエス様の十字架の赦しと救いを表しています。

このように旧約において十字架の雛形が明らかにされているのは、十字架の意味が明らかになるためです。
十字架とはアクシデントではないのです。
神様のご計画の確かな成就であるということです。

そしてそのことを月の始まりとして、生きる原点にするように命じておられます。
私たちも十字架を原点として生きましょう。

苦菜はエジプトでの苦難を忘れないため、急いで食べるのは、救いの緊急性を表します。
私たちも苦しいところから、または恐ろしい滅びから救われたのだということを思いましょう。
また救いの時には、今しかなかったという神様のタイミングであったことを覚えましょう。
そして感謝して一生涯忘れないようにしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ