2020年04月14日

2020/4/14早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記5:12-21からです。

本文とメッセージはこちら

新しい地で祝福を受けるために必要なのが、安息日を守ることです。
神に造られた人間は、神を何よりも第一にしなくてはなりません。
それは毎日のはずですが、主はせめてこの日だけは神を第一として、神にのみ従って過ごしなさいと命じられます。

またそれは心の安息であり、社会全体の安息でもありました。
それによって、その人が神を本当に信じているかどうかが分かります。
ですからそこに祝福があるのです。

それは現代も同じです。
日曜に仕事を休めない場合や、社会的な緊急事態もあるかもしれませんが、その場合はインターネットやスマホなどで工夫して、主を第一とさせていただきましょう。

次に親を敬えということです。
親との関係が健全であれば人間関係も健全になりやすいですし、生きづらさから解放されます。
それは”幸せ”の重要な要素でしょう。
敬えない事情がある人は主に回復を願いましょう。

殺し、姦淫、盗みなどは稀なケースかもしれませんが、イエス様は「心の中の殺し、姦淫、盗み」を問題にされます。
私たちは心も行動も、神の民としてふさわしい日常を送りましょう。

偽証は犯罪の温床です。
隣人に対してというように個人的な範囲であっても気をつけましょう。
貪欲は罪の温床です。
自分のもので満足することが、幸いな人生です。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。