2020年04月16日

2020/4/16早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記6:1-9からです。

本文とメッセージはこちら

十戒という根本的な戒めが語られたところで、ここからは具体的な命令になってきます。
そこでまずその命令の大切さが語られます。

それは「あなたがたが、渡って行って、所有しようとしている地で、行うため」の戒めであり、また「長く生きるための」「しあわせになり」「大いにふえ」るためという、その目的が明示されています。
私たちが神様から受ける戒めもまた同じで、神様の愛によるものですから、喜んで従いましょう。

そのような神の愛に答えるとき、私たちの心もまた愛に満たされます。
そこで神様は規則に従うという表面的なことではなく、「主を愛しなさい。」という心のあり方を求めておられます。

また主のことばを「心に刻む」ために、また「こどもたちに教え込む」ために、「すわっているときも、道をあるくときも、寝るときも、起きるときも」、みことばを唱えるようにと言っておられます。
また「額の上」に、「そして門柱と門」に書きしるしなさいとあります。
これだけの努力をするなら、私たちの心に御心が入ってくるでしょう。

そこまでではなくても、何か努力をするなら、大きな祝福となるでしょうから、やってみましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。