2020年04月25日

2020/4/25早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、申命記9:22-29からです。

本文とメッセージはこちら

さらにも信仰の指導者としてモーセの善き姿が表されます。
彼は民の不信仰を明らかにします。
問題点を教えてあげることは必要です。

ただしそれは愛によらなくてはなりません。
関係が崩れた場合、向こうが悪いのだからと切り捨てるのは愛ではありません。
モーセは「四十日四十夜、主の前にひれ伏して」、「神、主よ。あなたの所有の民を滅ぼさないでください。」と祈りました。
それは「主があなたがた(イスラエル)を根絶やしにすると言われたから」です。
すなわちイスラエルを救うためです。
「パンも食べず、水も飲まな」い40日の荒野での祈りは、命に関わるものですが、モーセの民への愛はそれほどのものだったのです。

そして彼は神様の栄光に根拠をすえました。
すなわち、「あなたがそこから私たちを連れ出されたあの国では、『主は、約束した地に彼らを導き入れることができないので、また彼らを憎んだので、彼らを荒野で死なせるために連れ出したのだ。』と言うでしょう。」と、主の栄光に関わるのでお願いしますということです。
これは単に主との取引ではありません。
モーセは本当に主の栄光を慕っていたのです。
そのために生涯をかけたほどですから。

このようなモーセと、彼を動かした主によって導かれたイスラエルですが、それはまた私たちの姿でもあります。
モーセほどの指導者はいないかもしれませんが、私たちは主と主によって用いられた多くの指導者や信仰の先輩によって導かれてきました。
そして今日があることを思うと、確信、感謝、希望にあふれ、そして自省の思いも与えられるでしょう。
そのような深い理解によって主に従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。