2020年07月17日

2020/7/17早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、詩篇149篇です。

本文とメッセージはこちら

詩篇のまとめとも言える位置にあるのがこの歌です。
詩篇のヘブル語名であるテヒリームは賛美という歌ですが、その多くは苦難の中で主に助けを求めるものです。
詩篇150篇の終わりのほうになって、賛美であるハレルヤということばがようやく出てくるのは、私たちの人生がそのようなものであり、賛
美もまたそのようなものだからです。

賛美とは苦しみを考えないようにするところから生まれるのではなく、また苦しみのない人から生まれるのでもありません。
苦しみを抱えながらも、全能の主に心を向けてするものなのです。

主はイスラエルの苦しみを、またはダビデの苦しみを「愛を持って」解決してくださり、弱い惨めな者のままでも「飾って」くださいます。
美しい者、優れた者にしてくださるのです。
弱いままでもだいじょうぶなのです。
信じましょう。

また主は敵に対して、「復讐」をも与えてくださいます。
そのような安心こそが心の安定を保つこともあると主はご存知なのです。
それほどの仕打ちを受ける人も、この世ではあるのです。
そこから自分が保たれて、その上で敵を赦すことも可能になってきます。
誰かからひどい仕打ちを受けた経験のある人で、まだ恐れに縛られている人があるなら、復讐の主がついていることを覚えて安心しましょう。

そして安心が与えられたら、赦すことにチャレンジしていきましょう。
赦すことは、自分が次のステップに進むためであると知ることができるでしょう。

そのようにどんな苦しみの中でも、主を賛美していきましょう。
それが人生を肯定的、積極的、前向きにする大前提になります。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。