2020年07月20日

2020/7/20早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ローマ人への手紙1:8-17です。

本文とメッセージはこちら

パウロはローマのクリスチャン達を愛していましたが、それは人情よりも、主の使命によるのです。
またはその愛情ゆえに主からの使命を受け取り、それを第一にしました。

その使命とは「返さなければならない負債を負って」いるということで、すなわち福音宣教の責任を負っているということです。
愛する人や大切な人のためには、何よりも救いのための負債があるのだということを、もっと自覚していきましょう。

また「福音を恥としない」で、むしろ誇りを持ちましょう。
クリスチャンである自分を誇るのではありません。
それは逆の気持ちにさえなるときがあるでしょうから。
そうではなく、福音そのものに誇りを持つのです。
またクリスチャンであることで萎縮する必要はありません。

イエス様は「わたしとわたしのことばを恥じるような者なら、人の子も、父の栄光を帯びて聖なる御使いたちとともに来るときには、そのような人のことを恥じます。」と言われました。
周囲に配慮することは必要ですが、その上で、大きな顔をしてクリスチャンであることを知らしめましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。