2020年07月22日

2020/7/22早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ローマ人への手紙1:26-32です。

本文とメッセージはこちら

神を認めないということは、自分を神の代わりにしているということです。
ですから自分が主です。
その結果、自分の欲望が主になってしまうという現実があります。
ですから神を認めないということは、欲望ゆえに罪に陥るのです。
「恥ずべき情欲に引き渡されて」しまうのです。

神を信じるかどうかは本人に委ねられています。
だからといって、信じなくてもよいというのではなく、信じなければ罪に陥るのだということを、認めざるを得ません。

信仰は自由だからといって、愛する人に伝道しないのは、単なる言い訳ににしか過ぎません。
自由だからこそ、その人が自ら信じられるように、愛をもって心を砕いて伝道するのです。
救いのために祈りましょう。
今は何ができるでしょうか。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。