2020年07月30日

2020/7/30早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ローマ人への手紙4:9-17です。

本文とメッセージはこちら

イスラエルの信仰の父であるアブラハムを例にあげています。
すなわち、彼が割礼を受ける以前に信仰によって義と認められたことを、明らかにして、行いではなく信仰こそが義と認められる用件であることを示しています。
ですから、救いの条件は行いではなく信仰なのです。

クリスチャンになった後も、信じて救われたけれど、なんだか確信がなくなってきたのではないかと思う場合もあります。
そのようなときも、感情や行いによって救われるのではなく、信仰によるのですから、救いの確信を持ってもよいのです。
いや、持つべきなのです。

信仰というものがどれほどすばらしいものか、それを再認識しつつ、信仰を与えてくださった聖霊様に感謝しましょう。
また信じるだけで救われるまでにしてくださった、十字架のイエス様に感謝しましょう。

救いの確信を証しして、他の人を励ましましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。