2020年09月18日

2020/9/18早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、エレミヤ書33:1-13です。

本文とメッセージはこちら

私たちにも先が見えないということがあります。
主は「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。」と言ってくださいます。
イスラエルの現状は希望が持てないようなものでしたが、全能の主の驚くようなみわざが待っているというのです。

主のさばきは恐ろしいものです。
また主からの懲らしめは苦しいものです。
私たちが罪を犯したときに身に受ける報いは大変なものです。
そこには希望も絶たれて未来もないような事態が待っています。

しかし、主の希望もまた驚くべきものです。
主の恵みの大きさは想像を絶するもので、主は全能の力と、永遠無限の愛によってその回復をなしてくださるのです。

主にまっすぐなときも、主との関係がギクシャクしているときも、やはり主に向いてゆきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。