2021年08月21日

2021/8/21早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、士師記8:10-21です。

本文とメッセージはこちら

敵の王たちを捕らえたギデオンは、以前に宣言したように、スコテとぺヌエルの人々に報復します。
その後、敵の王であるゼバフとツァルムナを殺します。

敵は大打撃を受けましたが、まだ15,000人が残っており、300人のギデオン軍に対しては油断していました。
力が弱いことが勝利の要因だったのです。

ギデオンがスコテやぺヌエルの人々に報復したのは、同胞を滅ぼすのではなく叱責を与えるものでした。
敵は敵として、主の愛は主の愛として混同しないようにしなければなりません。

ギデオンはゼバフとツァルムナが同胞を殺したことを知り、その報復として彼らを殺します。
これは正しい対処と見ることもできますし、また私情による報復と見ることもできます。
いずれにしても、主に敵対するものを残しておいてはなりません。
私たちにとっても同じで、それが人であればその人を悔い改めに導く必要がありますが、あくまでも愛によって働く聖霊に力があります。
また人以外のものであるならそれを処分する必要があります。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。