2021年11月16日

2021/11/16早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記26:1-14です。

本文とメッセージはこちら

ヨブはビルダデに対して、結局誰をも助けてはいないではないかと反論します。
彼は友人たちとの議論の中で、絶望し、神に訴え、答えられず、苦しみ、しかし神に希望を見出そうとする…といったことを繰り返しながら、少しずつ神様の御心に近づいているようでもありまます。

14節の「私たちは神についてささやきしか聞いていない。御力を示す雷を、だれが理解できるだろうか。」とは、まさに「なぜ、なぜ」と問うてきた自分に対する答えを、無自覚に述べているようです。

友人たちも同じことを言いましたがヨブの心に響かないのは、彼らが御心をヨブに適用するのみで、自分のこととして受け止めていなかったからです。

ルカ6:41にあるように「あなたは、兄弟の目にあるちりは見えるのに、自分自身の目にある梁には、なぜ気がつかないのですか。」のことばを思いながら、自分が方向転換(悔い改め)し、成長することを第一としましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。