2021年11月18日

2021/11/18早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ヨブ記27:13-23です。

本文とメッセージはこちら

ヨブのことばはまるでツォファルのヨブに対する非難(20章)のようです。
ヨブは彼の代わりに語ることによって、ツォファルの非難が実は彼自身に降りかかっていることを暗示しています。

ツォファルたち友人こそ、ヨブが「私の敵は悪しき者のようになれ。」(27:7)と言った人々、すなわちここでの「悪者」です。
ヨブは事細かにその報いについて述べています。

人への非難はそのまま自分に返って来るものです。
また、自分は非難されるところはないと思っていても、非難した人を赦せないという罪があるのです。
ルカによる福音書18:13-14にあるイエス様のことばを思い出しましょう。
「取税人は…言った。『神様、罪人の私をあわれんでください。』あなたがたに言いますが、義と認められて家に帰ったのは、...この人です。」

義人であるのは、人の罪をあばく側でもなく、また自分は間違っていないと主張する側でもなく、自分の非(罪、足りなさ、不完全さ)を認めて悔い改められる人です。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。