2021年11月28日

2021/11/28早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ハバクク書2:1-11です。

本文とメッセージはこちら

ハバククが神様に求めたことは2節以降です。
それは敵からの救いであり、はっきり書き記す価値のあるもので、「急使として走る」(2)ほどにすばらしいもので、また「遅くなっても、そ
れを待」(3)って良いほどに確かなものです。
神様からの助けと救いをいただくなら、それほどの信頼を持って待ち続けましょう。

神様は敵と神の民との違いを明らかにされます。
敵は「うぬぼれていて直ぐでない」(4)、すなわち神と真実に向き合えない者であり、また高ぶる者、すなわち神なしで生きて神に背く者です。
それに対して神の民の「正し」さは、別次元のものです。
すなわち敵よりもどれほど正しいかという、比較の問題ではなく、信仰の問題であるというのです。

これはイエス様の十字架を信じる信仰を指し示すものです。
私たちクリスチャンが神様によって敵から守られるのは、この根拠すなわち「信仰によって生きる」ということにあるのです。

5節以下は敵の不義について書かれています。
8節まではむさぼり、11節までは不正な利得です。
私たちは自分自身も同じ罪があることを謙遜に認めつつも、主の十字架によって赦されていることを信仰によって感謝しつつ、しかしまた敵への告発を警告として、きよい者となって行きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。