2023年01月12日

2023/1/12早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ピリピ人への手紙1:22-30です。

本文とメッセージはこちら

パウロのこのような神中心の信仰は、死を解決したところから来ているようです。
実際にクリスチャンにとっては死は敗北でも絶望でもなく、「キリストとともにいる」(23)ことであって、「はるかに望ましい」(23)ことなのです。
パウロは自分のためでなくピリピの信徒のために、また主の使命のためにまだ地上にいたいと思っています。

このように死を解決した人は、人生を使命として考えることができます。
クリスチャンはみなしを解決した者です。
それは主イエスの十字架のゆえにです。

パウロはピリピの人々に良い生き方を指導しますが、そのことばは「ただ、キリストの福音にふさわしく生活しなさい。」(27)というものです。
たくさんの指導のことばも有り得ますが、本質はそこにあります。
私たちも同じで、常に救われた者としてふさわしい生き方をしましょう。
それが実際に何をすることなのか、そのときの状況に合わせて考えることも大切な訓練です。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック