2024年02月08日

2024/2/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マルコによる福音書13:1-13です。

本文とメッセージはこちら

イエス様が言われたように、この後ローマの将軍ティトスが攻めて来た時は、神前が焼かれ、溶けて石の隙間に入り込んだ金を採取するために、「どの石も崩され」(2)たのでした。
この世に存在するものはみなやがては崩れてしまうものです。

またイエス様は「福音が、すべての民族に」(10)と言っておられますから、この終末についての教えは単にイスラエルのことだけではなく、全人類の来るべき終末についても語っておられるのだとわかります。

私たちは常に終わりの日に備える必要があります。
ノアの時代もイスラエルの終わりのときも、終わりなどないと思っていた人たちは悲惨な目にあいました。
それはこれから起こることに関しても同じです。
「用心して」(9)いましょう。
終わりを迎えることを忘れないで、後悔のないように生きましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック