2024年02月23日

2024/2/23早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、マルコによる福音書16:9-20です。

本文とメッセージはこちら

マリアはイエス様の復活について伝えましたが、弟子たちでさえ復活を信じることができませんでした。
人は死の前には希望を持つこともできないほど無力なのです。
神の全能よりも、死の意識に束縛されていることがよく分かります。

主イエスは復活を事実として表しました。
すなわちご自身を表したのです。
復活は事実であるからこそ力があります。
弟子たちの内面の希望という程度であるなら、それは無力です。
信じることができなくても、事実を見ることはできます。
それは歴史的に記録が残されている事実です。
それが復活の信仰なのです。

そしてその事実の上に、私たちの希望は成り立っています。
私たちの身代わりに死んでよみがえったということは、私たちが同じようになるということだからです。

永遠のいのちの希望を持ち続けましょう。
その希望を「全世界」(15)の中の日本で「宣べ伝え」(15)ましょう。
「信じる人々」(17)に与えられる「しるし」(17)を表しましょう。
それらが人に伝わるような生き方をしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック