2024年04月06日

2024/4/6早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上2:13-25です。

本文とメッセージはこちら

アビシャグはダビデに仕えていた女性で、彼女を妻にするということは、ダビデ王の威光を自分のものとすることです。
すなわち王位を自分のものとするということになり、すなわちソロモンを敵として蹴落とすことを意味するのです。

ソロモンは、1章においては無駄な戦いを避けて、アドニヤを赦しましたが、今回は彼を除く決断をしました。
王国に分裂と血をもたらすことがわかったからです。
平和を作り出しながらも、その平和が脅かされるとき、また人の命に関わるときは、決断をくださなくてはなりません。
現代においては永遠の命を守ることを最優先しなくてはなりません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック