2024年04月13日

2024/4/13早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上5:1-18です。

本文とメッセージはこちら

ヒラムは異邦の王であり、異教の王でしたが、主のために用いられるのです。
このことに関しては、後のソロモンの失敗も含めて、重要なことを学ぶことができます。

すなわち、よき信頼関係によって「友情を保」(1)つこと、またその異教を持ちこまないことです。
そのようにしてノンクリスチャンの方とも交流を深めましょう。
それはヒラムが「主がほめたたえられますように。」(7)と言ったように、伝道にもつながってゆくことでしょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月12日

2024/4/12早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上4:20-34です。

本文とメッセージはこちら

ダビデの治世では許可されなかった、神殿造りが始まりました。
ダビデよりもソロモンが優っていたからとは書いてはいません。
ただ、今は国力が増し、周辺国も協力的で、神殿建設の事業のチャンスとなりました。

このように主のみわざには、表面的にやりたいかどうかという事よりも、深い摂理があるのです。
これまでの主のわざにも摂理を発見して、それが主の主権と知恵によってなされたことを発見しましょう。
そして感謝し、主をあがめ、何よりも主のご計画に参与していきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月11日

2024/4/11早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上4:1-19です。

本文とメッセージはこちら

ソロモンに与えれらた知恵は、国を治めるためにも大いに用いられました。
それは経済・産業・治安などにも発揮されました。

主からの守りや繁栄は、単に超自然的な方法によって与えられるだけではなく、このように知恵によるマネジメントによっても、もたらせれることを知っておきましょう。

職場、家庭生活、個人のライフスタイルなどに、また教会でも、主の使命のための知恵によって、秩序ある前進をしましょう。
その中で、必要に応じて主は奇跡をも行ってくださいます。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月10日

2024/4/10早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上3:16-28です。

本文とメッセージはこちら

神様から知恵を与えられたソロモンは、この世のできごとに対しても、よき対応をすることができました。
主のために知恵を求めたからです。
私たちも神の知恵をいただき、よい働きをして、世のためになりましょう。

また「全イスラエルは...王を恐れた」(28)と、ソロモンの権威が記されています。
人を押さえつけるのが権威ではありません。
むしろ人を愛し、主を恐れ従い、主と人の役に立つことが、結局権威となることを知りましょう。
それは人々からの評価全般に言えることです。

主が生きておられることを信じましょう。そして、主からの権威をいただきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月09日

2024/4/9早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上3:1-15です。

本文とメッセージはこちら

ソロモンは自分の能力が、その使命にはまだ足りないことを覚え、謙遜に知恵を求めました。
使命のために謙遜になりましょう。
何よりもその使命を全うできる、賜物を求めましょう。
ものや恵みよりも、いかに主の役割を果たすが大切です。
ソロモンは自分の祝福よりも、主の働きを最優先して、その結果祝福を得たのです。 

ただし、これほどのソロモンでも「高き所」(3)で、異教のように香をたいていました。
これが不信仰の要因にもなったのです。
賜物があるからといって、それで安心できるのではなく、主のみこころに叶うことが大切です。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月08日

2024/4/8早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上2:36-46です。

本文とメッセージはこちら

シムイは本来、その悪事によって殺されなければならない人でした。
しかし、ソロモンは温情によって、ただキデロン川を渡らないという条件だけで赦していたのです。
しかしその条件でさえ、彼は破ってしまいました。

シムイは自分の罪の自覚が薄く、また赦された者であるという自覚も足りませんでした。
自分自身が決めた行動によってさばかれたのです。

クリスチャンもまた罪赦された者です。
もしも信じないままでいたなら、それはシムイと同じく、自分が決めたことということになります。

私たちは赦された者ですが、その自覚が必要です。
イエス様の十字架によってようやく赦された者であることを忘れないで、その教えに従いましょう。
シムイのように赦しを軽く見ないようにしましょう。
大いに感謝しつつ従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月07日

2024/4/7早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上2:26-35です。

本文とメッセージはこちら

ソロモンはエブヤタルを罷免し、ヨアブを処刑しました。
王国には、悪事を働きながら罪を悔い改めない有力者が残っていると、後にまた命が奪われる危険があるからです。

彼らはダビデの時代には安心していたので、悔い改める必要を感じなかったのでしょうが、そのような安心はいつまでも続きません。
神様は必ず罪に報いる方ですから、今がだいじょうぶだからといっていい加減にすることなく、正しく悔い改める必要があります。

またソロモンのように、将来を考えて、正しいことを断行する必要もあります。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月06日

2024/4/6早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上2:13-25です。

本文とメッセージはこちら

アビシャグはダビデに仕えていた女性で、彼女を妻にするということは、ダビデ王の威光を自分のものとすることです。
すなわち王位を自分のものとするということになり、すなわちソロモンを敵として蹴落とすことを意味するのです。

ソロモンは、1章においては無駄な戦いを避けて、アドニヤを赦しましたが、今回は彼を除く決断をしました。
王国に分裂と血をもたらすことがわかったからです。
平和を作り出しながらも、その平和が脅かされるとき、また人の命に関わるときは、決断をくださなくてはなりません。
現代においては永遠の命を守ることを最優先しなくてはなりません。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月05日

2024/4/5早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上2:1-12です。

本文とメッセージはこちら

父ダビデは愛する息子ソロモンに大切なことを教えます。
それは「主への務めを守り」(3)なさいということです。
信仰の遺産こそが最も大切な宝です。
それを何よりも子どもに伝えるべきで、そのために人生をかけてもよいほどです。

また子は、信仰の親からは、その信仰こそ受け継ぐべきです。
それが恵みの「座から…断たれることはない」(4)秘訣です。

ダビデは自分に対しての、人々の良い行いや仕打ちについて、ソロモンに警戒を与えます。
そのようなことを人に表す時には、恨みから出たものであってはなりません。
恨みは次の恨みを生み出します。
悪の思いはキリストの愛によって、祝福に変えられる必要があります。
それこそが、子どもや次世代を愛することになるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月04日

2024/4/4早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上1:38-53です。

本文とメッセージはこちら

アドニヤは浅はかな野心を持ちましたが、失敗しました。
またその客達も彼の野心にあやかりたいと、集まりましたが、結局恥を見たのです。
みこころに叶わない行いは、そのときは勢いがあるように見えても、結局みじめに終わるのです。

人は成功できるかどうかで動くべきではなく、その動機が大切です。
すなわち主を愛しているか、みこころかどうかです。

一方ソロモンは王位を確立するために敵をたたくというのではなく、あくまでも主にゆだねました。
そこに勝利者の秘訣があるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月03日

2024/4/3早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上1:28-37です。

本文とメッセージはこちら

アドニヤの野心は、結局ソロモンが王となることのきっかけとなりました。
主のご計画に反することは、成就することはありません。
かえって主の計画に用いられるのです。

私たちもそのような主のみわざを見るのですが、それには確信が必要であり、あくまでも主に従おうという決心が必要です。
ダビデにはナタンなど信仰の同志がいました。
主のご計画は信仰の共同体に共通に示されるのです。
特に預言者、祭司といった信仰の働き人は重要です。

共に分かち合い、ビジョンを共有しつつ、主の共同体に働くビジョンと夢に向かっていきましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月02日

2024/4/2早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上1:11-27です。

本文とメッセージはこちら

アドニヤがその野心から王となろうとしました。
それはうまくいったように見えましたが、神のみこころになかわないことは、結局失敗します。

みこころに沿わない人でも一時的に権力や成功を手に入れることもあります。
しかし私たちは人を恐れることなく、ただ主のみこころがなることを信じて、主のみこころを行いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年04月01日

2024/4/1早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、列王記上1:1-10です。

本文とメッセージはこちら

列王記は王の記録ですが、実のところ彼らのほとんどが主に従わなかったという失敗の記録です。
そしてそれゆえに王国が滅んでしまったという悲劇の記録でもあります。
王も人であるゆえの限界があるのであって、それはダビデでも同じです。
イスラエル王国を確立したダビデでしたが、老年になるとあらゆる面で衰えてしまい、指導力も低下して彼の身内から謀反が起こったのです。

私たちにとっても、年齢的な面で衰えるとき、気をつけなければなりません。
謙遜になる必要もありますし、責任ある立場から退く決断も必要です。

旧約聖書は失敗の記録であるとともに、霊的な真理をイスラエルの歴史から学ぶものでもあります。
すなわち私たちの信仰面で解釈するのです。
そこで学べきことは、たとえ年齢が若くても、その信仰が衰えてしまうとき、または成長がなくなってしまったとき、私たちは警戒しなくてはならないということです。
謙遜になる必要があります。
誰もが霊的に鈍くなった状態から、もっと前向きな若々しい信仰に変わる必要があるのです。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月31日

2024/3/31早天メッセージ

イースターおめでとうございます。
本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書24:1-12です。

本文とメッセージはこちら

弟子たちでさえ復活を信じることができませんでした。
人は死の前には希望を持つこともできないほど無力なのです。
しかし主イエスは人類の初穂としてよみがえりました。

復活は事実であるから力があります。
弟子たちの内面の希望という程度であるなら、誰もその希望を持つことができないからです。
信じることができなくても、事実を見ることはできます。
それは歴史的に記録が残されている事実です。
それが復活の信仰なのです。

そしてその事実の上に、私たちの希望は成り立っています。
私たちの身代わりに死んでよみがえったということは、私たちが同じようになるということだからです。

永遠のいのちの希望を持ち続けましょう。
それが人に伝わるような生き方をしましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月30日

2024/3/30早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ローマ人への手紙5:6-11です。

本文とメッセージはこちら

私たちが「弱かったころ」(6)、また「不敬虔な者」(6)であったころに、イエス様は死ぬほどの愛を貫き与えてくださいました。
それほどの愛をいただいているのですから、私たちは今も主に愛されていないはずがありません。

「和解」(10)とあります。
主イエスに方向転換して、主の十字架の救いをいただいた私たちのために、主は味方となってくださるのです。
もちろん苦しいこともありますし、失敗もしますし、罪ゆえの愛の叱責を受けることもあります。
それでも決して変わらない関係は和解させていただいた者なのです。
何があっても主の愛と解決を信じましょう。
主にお任せして安心し、従いましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月29日

2024/3/29早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書23:44-56です。

本文とメッセージはこちら

神殿の幕は神様の聖と人間の罪とを隔てるものでしたが、その断絶がなくなったことを意味します。
もちろんそれはイエス様の十字架によって、人の罪が赦され、神に受け入れられるものとなれたからです。
もはや私たちと神様とを隔てるものはないということです。
私たちは大胆に恵みの御座に近づきましょう。

イエス様を十字架につけた者がいた反面、イエス様の死を悲しみ悼んだ人もいました。
百人隊長や議員というのは、立場からすればイエス様を処刑した側の人間ですが、信仰は立場ではなくその人の内面によるのです。

私たちはどうでしょうか。
もしも世の中がイエス様を否定しても、あくまでも信仰を持ち続ける者でありましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月28日

2024/3/28早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書23:33-43です。

本文とメッセージはこちら

イエス様は十字架に釘打たれました。
犯罪人と一緒ということは、ご自身が罪あるものとみなされたということです。
私たちの罪を、まさに犯罪人として負ってくださった主イエス様に感謝しましょう。
自分が犯している、または犯してしまった罪のために、このように苦しまれたのだということを覚えましょう。

犯罪人の2人は全く違った結末になりました。
1人はパラダイスに迎えられ、1人は永遠の滅びに行ったのです。
家族も友人もみな永遠の行き先は2つに1つであることを忘れてはなりません。
真剣に救いを求めましょう。
伝道のために何からできるか考えましょう。
また実行しましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月27日

2024/3/27早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書23:13-25です。

本文とメッセージはこちら

正義と真実によって判断されるなら、イエス様は無罪で釈放されるべきでしたが、ピラトは暴動を恐れてイエス様を死刑にさせました。
暴動が起こるということは自分の統治能力がないと査定されるからです。
自分の出世のために神の子を犠牲にしたのです。

群衆は革命を起こさないイエス様に失望していました。
失望は怒りに変わり、それが集団心理によって暴徒化するところまでいってしまったのです。
彼らはかつてはイエス様のいやしや奇跡を求めて従っていた、または好意的に思っていた人々でした。
それでも自分の勝手な”救い主像”や期待に合わないと、反対者になってしまったのです。

私たちもまだ完全に神様の御計画が分からないときには、失望したり悪態をつきたくなる思いにとらわれるかもしれません。
そのときはあくまでも全能にして愛の神様に祈って聞くことです。
それをしないでいると、神様との関係が健全でなくなってしまいます。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月26日

2024/3/26早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書22:39-53です。

本文とメッセージはこちら

イエス様は孤独を感じられたでしょう。
これほどの恐怖と苦しみに打ち勝つ祈りをなさっていたのに、弟子たちは「眠り込んでいた」(45)のでした。
確かに人間の肉体は弱いもので、信仰に自信があるような者でも、誘惑に陥ることがあるのです。
弱さを克服するには「祈って」(46)いるしかないことを覚えましょう。
神の力によって生きる以外ないのです。

イエス様はご自分を捕えようとする者にでさえ、「耳にさわって彼を癒やされ」(51)ました。
決心のついた人は心に余裕があるので、優しい愛の人になれるのです。
主に従う決心をしましょう。

イエス様のこの落ち着きは、ゲッセマネの園で祈った結果です。
祈りは単にお勤めやルーティンワークではありません。
生ける神様との生ける交わりです。
心を変えて、主の思いで生きるために心を定めるような祈りをしましょう。
そのような祈りに導かれましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ

2024年03月25日

2024/3/25早天メッセージ

本日の聖書箇所は、リビングライフにしたがって、ルカによる福音書22:1-13です。

本文とメッセージはこちら

ユダに関してはイエス様を裏切った動機が色々に推察されます。
聖書では「サタンが入った」(3)と書かれています。
様々な事情や動機などが交錯するのが罪の背景にありますが、それが本質なのです。

私たちはサタンに立ち向かいましょう。
そのためには、自分自身の力ではできないので、主に明け渡す信仰しかありません。
自分で事情や理屈をつけながら主のみこころを拒んでいると、サタンに勝つことはできませんから気をつけましょう。

過ぎ越しの食事は旧約の教えに則ったものですが、イエス様はそれをも大切にしました。
イエスさまは律法を廃棄するために来られたのではなく、律法を完成するために来られたからです。
イエス様こそが信仰の創始者であり完成者なのです。

神がなさることに矛盾はありません。
人間は神様の命令に対して、それは無理だと勝手に思い込むことがあるかもしれませんが、神様は御自身に矛盾のない方です。
主に反論するよりも、どのようにしたら従えるかを考えましょう。

祝福を祈ります。
posted by DJshuntaro at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイブルメッセージ